住宅水回りリフォーム会社の営業の仕事内容を知りたい49view

不動産会社の営業から住宅水回りリフォーム会社営業へ転職したいと考えています。
住宅の水回り関係のリフォーム営業の仕事内容について教えてください。
お客様に営業をかけ、商談、ご契約いただくまでの詳しい流れも教えていただけると、転職後の参考になります。よろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hosumi 2018/10/23 17:05

    住宅水回りリフォームの営業の仕事は、住宅の水回り設備であるキッチン、お風呂、トイレ、洗面化粧台、ボイラーを中心に、お客様への接客・販売を主に行います。自店のショールームに来られたお客様につき、それぞれの商品の特徴やメーカーごとの違い、お客様がどういったリフォームをお考えなのかなどをお伺いします。お客様からお話を聞いた後、実際にお客様のお宅を訪問します。戸建ての住宅リフォームが多いため、それぞれの家によって大きさや間取りが違ってくるためです。
    お客様のお宅に訪問した際には、リフォームしたい箇所の採寸と写真撮影を行います。例えばトイレのリフォームをする場合だと、部屋の大きさ、今現在使用している便座、便器、タンクの品番確認、給水・排水、コンセントの位置確認を行います。また、同時に、本体の交換のみか壁紙や床の張替え、トイレットペーパーホルダーなどの小物の交換はするのかなど、具体的なリフォーム内容の相談を行います。
    大体リフォームの内容が決まったら見積もり作成を行います。お客様がご希望された内容の見積もりと、別の内容のものと2パターン以上の見積もりを作成します。なぜならたいていのお客様はリフォームをするのが初めてのお客様ばかりなのでどのくらいの金額なのかあまり理解されていないためです。2パターン以上の見積もりを提出すれば、ご家族との相談する場合も比較ができます。見積書には、商品のプレゼンシートも同時に作成します。絵で見て商品の形や、色の想像をなんとなくでもしてもらえるためです。
    見積もりを提出し、お客様がご納得されたら契約をします。また、同時に商品の色を決めたり、もしも壁紙や床も張り替える場合はそれのサンプルを見ていただき、仕様打ち合わせを行います。ここで絶対にお客様との相違がないようによく確認をします。
    商品が最終決定したら発注を行い、工事を行う業者にもどの日時に工事ができるか確認を取ります。中でも工事期間が長い場合は工程表を作成します。何時から何時まで工事をするのか、どの日になんの工事をするのか書いた表で、自分たちと工事を行う業者、そしてお客様がそれぞれ持ち、情報の共有を行います。
    そのあとは予定の日に工事を行います。お客様とのコミュニケーションをとるため、できるだけ工事中にもお宅に顔を出し、新たに要望が出てきた場合でもすぐに対応できるようにします。工事が終了すると、きちんと設備がついているか、掃除はされているかの確認を行います。
    きれいになった家を見てお客様が喜ばれるととてもうれしい気持ちになります。アフターメンテナンスなどでもずっと続いていく関係になるのでコミュニケーションをこまめにとることが大切な仕事だと思います。

ページ上部へ移動する