別の業界からWeb業界へ転職して良かった事・苦労した事16view

今はWebやITとは関係ない業界で働いています。
今の仕事についてから5年が経とうとしていますが、自分には合わないと感じることが最近増えてきて、モチベーションも下がる一方です。そこで、今の業界を離れて前々から興味があったWebやITといった分野に転職したいと考えています。
専門職というイメージが強いのですが、こんな業種からWeb業界に転職しました!という事例や、良かった事、苦労した事、前職でのスキルが活かされた体験談などを教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. denawa_32 2018/11/04 11:41

    私はもともと介護職でしたが腰を痛めてしまい介護を続ける事ができなくなりました。退職後、腰の治療を行いながら、求職者支援制度を利用してアプリ制作のための技術を学び、その流れでアプリ制作会社に入社。今も頑張っています。
    アプリ制作を学んだのは、その時ちょうどスマホのゲームにハマっていたからという至って単純な理由からです。ハローワークでパンフレットを見て「自分でもこういうゲームって作れるのかな?」と思ったのがきっかけでした。
    前職では夜勤などもあり、生活リズムが狂ってしまって体力的にきつかったのですが、今は残業が多少あったとしても、基本的な勤務時間は一定なので体の負担は軽く済んでいます。
    ただ、ほぼ座りっぱなしなので、時々腰痛が再発することがあります。最近はそろそろヤバイな、というタイミングがわかるようになったので、時々席を立って軽くストレッチするようにしています。

    自分はたまたまアプリ制作を選びましたが、ハローワークには他にもWebデザインやコーディング講座のパンフレットも確かあったと思うので、求職者支援制度を利用してこの業界に転職してくる人は結構いそうですね。

  2. tumaru 2018/10/20 15:55

    私は他業種からWebデザイナーへ転職しました。とは言っても元々がDTPオペレーターなので180度違う業種、というわけではありませんが…。
    DTPとWebだとどうしてもWebの需要の方が大きく、DTPの仕事は減っていくばかり。
    DTP一本でやっていきたい気持ちもありましたが、将来のことを考えてWeb業界に飛び込みました。

    私が現在勤めている会社はWeb制作時々DTPという感じで、Webに付随する印刷物程度なら社内で作りますよ、という方針の会社です。そこでDTPをやりつつWebを勉強しています。使用するソフトもあまりDTPと変わらないので、使い慣れているソフトをそのまま使用できました。
    ただ、デザイナーでもコーディングの知識はあった方がいいということで、今はhtmlとCSSの特訓中です。
    余白など一括で決められるので便利だなと思う反面、思った通りの表示結果が得られず、悩みすぎて頭がパンクすることも結構あります。勝手が違うので、慣れるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

    私の他にもDTPからの転職者は数名社内にいるようなので、DTPからWebデザイナーへの転職事例は多いと思います。
    社内では他に元テレビ局の美術担当で、現在Webディレクターになっている方や、元大手システム開発会社勤務で、現在コーダーをされている方などもいらっしゃいます。
    最近入ってきた若い子は塗装業を1年やってからのWebデザイナーに転職、という経歴でした。意外とおもしろい経歴の人が多い業界なのかもしれませんね。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「リクルート」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 年収アップに自信あり!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. 転職業界大手の「マイナビ」スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  4. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  5. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

ページ上部へ移動する