カメラメーカーサービス部門の仕事について5view

某カメラメーカーのサービス部門への転職を考えているのですが、サービス部門というのはどんな仕事を担当するのでしょうか。カメラの修理がメインですか?
仕事内容がはっきりとわからないので、教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. wanabe 2018/10/11 18:33

    私は工業高校を卒業後、某カメラメーカーに就職して2年前に定年で退職しました。少し前の体験も含まれますが、私が行ってきた仕事について紹介させて頂きたいと思います。
    配属されたのはサービスの部署で修理や接客対応が主な業務になります。
    最初の仕事はカメラやレンズの修理から始まり、同時に接客対応も少しずつ経験して覚えていきます。
    私は特にカメラが好きだったわけではなく知識もほとんどないまま入社しましたが、高校が電気関係の学校だったので修理の際にはその知識が大いに役立ちました。
    入社当時は機械式のフィルムカメラが主流で、電気部品はカメラの限られた一部分やアクセサリーだけでしたので、誰でも電気関係の知識が殆ど無くても修理はできていましたが、その後すごいスピードで電子化が進み電気の知識だけでなくパソコンの知識も必要不可欠になってきました。
    幸い電気の知識やパソコンの趣味がある私にとっては好都合で、周りの同僚や先輩たちに指導することでどんどん自信を付けていき、同時に昇格も果たしていきましたが、残念なことに好きな作業現場を離れて指導監督する立場になってしまいました。
    職場全体の運営を任されているのは、やりがいもありましたが何か物足りなさを感じずにはいられず、自分が今まで殆ど関わってこなかった苦手な事務処理に目をつけました。
    当時はパソコンが高額であり導入が職場に1、2台しか無く、あまり活用がされていませんでした。そこで電卓でやっていた集計作業などをパソコンで出来るよう専用ソ
    フトを作成したところ、今まで一人の担当者が半日掛かっていた作業を1時間足らずで出来るようになりました。
    その後、簡単なものですが多数の事務処理用ソフトを作り作業改善に取り組みましたが、やり尽くした感があったので次は接客業務の改善に力を入れました。
    私自身もどんどん窓口に出てお客様と応対しながら他のスタッフが対応しているのを監督して、必要に応じてアドバイスをしたり対応を変わったりすることも必要でした。
    接客業務で一番大切なのは誠意を持って対応することです。仕事だから仕方なく対応していると考えながら接客していると知らず知らずのうちに失礼な態度や言葉に出てくるもので、お客様に敏感に感じとられてしまうのです。
    常におもてなしの心を持ちながら笑顔を忘れずに接していると、お客様にもその誠意が伝わりスムーズな対応にも繋がり会社に好印象を持って頂けるのです。
    入社した時に自分を指導して下さった上司から教わったことですが、「常にプロ意識を持って仕事をしろ」と言う言葉を忘れずいたおかげで無事定年まで努め挙げられたと感じており、今更ながら当時の上司には感謝しております。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する