病院の介護職の仕事内容は、介護施設とは違いますか?42view

介護施設で介護職をしている30歳男性です。
病院の介護職へ転職したいと思っているのですが、病院介護の仕事は介護施設とは違いますか?
どのような業務に携わっているのか教えてほしいです。どうぞよろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. mizuyati8130 2018/10/06 16:16

    一般病院で介護職をしています。20代男です。
    一般病院での仕事内容は、大きく「排泄介助」「食事介助」「入浴介助」の3つです。
    排泄介助といっても病院ということで福祉施設と異なり自立度が低いため、全体の8割以上が排泄のコントロールが困難なため、オムツを着用しています。
    基本的には1日に4回、定時にオムツの交換を行い、必要に応じてその都度オムツの交換を行う場合もあります。
    オムツ交換時には清潔を保つために陰部洗浄を行います。

    食事介助では、麻痺や拘縮などの理由により自分で食事を食べられない患者さんへの介助を行います。
    患者さんは高齢者なので、嚥下機能の低下により飲み込む力が弱くなっているので、患者さんのペースに合わせた介助が必要です。
    一気に口に含ませたり早いペースで介助することで、誤嚥を引き起こしてしまいます。
    誤嚥を引き起こすことで呼吸が困難になり最悪の場合亡くなってしまうケースもあるので、患者さんが無理なく食事できるようにしっかりと観察をしながら介助しなくてはなりません。

    入浴介助では、当医院では各患者さんが週に一度のペースで入浴を行います。
    入浴介助は主に「脱衣」「入浴」「着衣」に分けられます。それぞれ注意が必要になり脱衣では表皮剥離に注意します。
    患者さんは皮膚が脆弱なため、少しの刺激でも皮膚が剥がれてしまうので、皮膚と衣服が擦れないように脱衣を行います。
    入浴では頭、体を綺麗に洗います。特に汗のかきやすい腋下や陰部手足をしっかり洗います。
    汗のかきやすい部分はにおいが残らないようにし、手足は擦ることで大量の垢が取れます。
    着衣では脱衣の時と違い身体が湿っているため特に注意が必要です。
    湿っていることで衣類が皮膚に引っ掛かりやすくなってしまい、着衣の際の表皮剥離のリスクは高くなりますので注意が必要です。

    大きく分けるとこの3つですがその他にも定期的な患者さんのベッドのシーツ交換、排泄時にオムツから漏れてしまった時の汚れてしまった衣服の交換、シーツ交換をします。
    また各患者さんの爪切り、髭剃りも行います。

    介護職の仕事内容と聞くとやはり、「汚い仕事」というイメージで敬遠されがちです。
    確かに排泄物の処理などは慣れていないと苦労することもありますが、私も2,3か月もあれば慣れたので大丈夫だと思います。
    そして何よりも日本では2025年に高齢者が人口の30%になると言われています。
    少しでも多くの若い方に介護職に携わっていただくことで高齢者も安心の社会が作れると思います。
    近年様々な仕事がロボットで代用されていますが、介護業界は人と人との繋がりですからロボットでは代用できない貴重な仕事だと思います。

ページ上部へ移動する