インターネットメディア会社の営業が直面する理想と現実って?14view

インターネットメディアサービス会社の提案営業に転職を検討しています。
営業ですので、断られる事もあるでしょうし、大変な事は覚悟の上ですが、このお仕事を経験された方の実体験をお聞きできればと思います。
提案営業の仕事をしていて直面する理想と現実のギャップは、どのようなことがありましたか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. matugeta 2018/10/06 11:11

    私が行っていた仕事内容は、グルメサイト【食べログ】の有料掲載提案になります。
    有料掲載のメリットとしては、メインとしてユーザーがお店を見つけやすくなる、ページが綺麗に表示されるといったものがありますが、実際のところ、効果が出やすい店舗と出にくい店舗とではっきりと別れてしまいます。

    理想としては、『一生懸命に提案すれば自分を買ってくれて契約してくれるはず!』『ここのお店は一度食べたことがあってすごく美味しかったので絶対に掲載すると効果が出るはず!』といった妄想を私も新人時代はよく考えていました。しかし現実はそんなに甘くないです。
    飲食店もお金を払って有料サービスを契約するわけです。そんなに営業マンの妄想通りに簡単に契約するわけがございません。
    どれだけ提案の際に盛り上がろうと、やっぱりやめておくというのも少なくないのです。

    というのも、多くの方がご存知の通り食べログはユーザーからの点数や口コミ、また地域性に左右される店舗が殆どだからです。
    料理がおいしから絶対に効果が出る!といったものではなく、前途の通り私自身も味はよくても効果があまり出ないといった店舗を多く見てきました。
    例えば食べログに限らず通販サイトなどを見て、あまり良いことが書いていない口コミを見た場合、多くの方は絶対とは限りませんが少しは悪いイメージを持ってしまい敬遠しがちではないかと思います。
    では逆にどうでしょう。ユーザーからの点数がよかったり、良いコチコミが書いてあったり。気にはなりませんでしょうか。
    私は実際にこの仕事をするまではそうでした。

    また、やはり地域によって差はかなりあります。
    地域によっては、都心部に比べて駅から遠いし郊外なので地元の方しか殆ど来ないなどといった都心部との差が書ききれないほどあるのです。
    そういった飲食店からのネガティブな断り文句を覆し契約に結び付けなければいけません。
    ですがそれを乗り越え、実際に契約に至った後、上記のように心配していたことが起こってしまうとどうなるか想像はつきますでしょうか?
    飲食店からのクレームです。『君が効果が出ると言ったから契約したのに!』このようなクレームは日常茶飯事です。
    苦労して取った契約にも、後ほど苦労が付きまとう可能性が非常に高いのです。

    また、食べログには競合代理店がかなりあります。
    競合代理店にの他に何が競合になるか想像がつきますでしょうか。
    そうです。他のグルメ媒体です。
    近年、グルメ媒体の数も続々と増えています。
    そういったライバルにも勝っていく必要があるのです。

    どの仕事もそうですが、自分の営業力なら大丈夫!と考える方には非常に難しい仕事になってくるでしょう。

ページ上部へ移動する