キリスト教保育園への転職、普通の保育園の違いは?82view

現在働いている保育園の園長のやり方が合わずに転職を考えています。いわゆるワンマン経営の園長で、機嫌が悪いと少しのことでも怒鳴られたり、保育中にも関わらず園長室への呼び出しもあります。その間はもともと人数の少ない保育士から1人減った状態で子どもを見るという状況です。

そんな状況から抜け出したくて、転職活動を始めました。
転職活動中に出会った1つの保育園が、質問をさせていただいているキリスト教の保育園です。
その園は勤務条件もピッタリで、園見学に行ったところ園長先生の人柄がとても素敵で、保育士の皆さんも子ども達ものびのびと過ごしているという印象を受けました。
ただ1点気になったのが、キリスト教の保育園という部分です。保育士の中にはキリスト教を信仰している職員もいるけれど、決して強制ではないこと。若い先生はほとんどキリスト教とは全く関係ないけれど、日々の保育の中でお祈りの時間や聖書を読む時間があるという話が園長先生からありました。
私はキリスト教を信仰していないので、お祈りの時間と聞いてもピンときませんし、その園の雰囲気に馴染めるのかという不安があります。
キリスト教の保育園と一般の保育園とでは、具体的な保育内容にどんな違いがあるのでしょうか‽

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. koumyouin 2018/09/25 7:48

    昨年度までキリスト教の保育園に勤めていました。普段の保育の中では、質問者様が転職を考えている園と同じように、お祈りと聖書を読む時間がありました。その部分では食事前の挨拶がお祈りの変わったくらいですので、そこまでの違和感はありませんでしたが、大変だったのがクリスマスです。
    どの園でもクリスマス会を行うと思いますが、私が勤めていた園では、まずは子ども達に「クリスマスとはどんな日なのか?」を伝えることから始まります。子ども向けの絵本を使ってマリア様のこと、イエス様の誕生などを日々伝えます。
    そして、クリスマス会では保育士が讃美歌をうたい、子ども達が降誕劇を行います。私もキリスト教ではないので、劇を行うクラスの担任になった時はとても戸惑いました。本やネットで自分なりに降誕劇の内容を調べ、園にある紙芝居を使って子ども達に伝え、1か月以上前から日々練習。保育士の讃美歌の練習は休憩時間に行っていたので、その時期はほとんど休憩もとれませんでした。結果的に感動的なクリスマス会にはなりましたが、キリスト教ではない人からすると、キリスト教の熱心なクリスマスには戸惑いを覚えるかもしれません。

    キリスト教ならではの習慣や行事を、保育の一環として受け入れられるか、違和感を感じるかは人それぞれ違います。私は、他に信仰している宗教が特にありませんので、行事に対する大変さはあるものの、子ども達が感謝の気持ちを持って食事ができるお祈りの時間なんかは結構気に入っていました。退職した理由は、キリスト教とは全く関係ありません。
    でも、他に信仰している宗教がある場合には、違和感や嫌悪感を感じるかもしれません。
    実際にお祈りの時間などを見せてもらい、自分がどう感じるのかも大切にした方が良いかもしれませんね。

  2. takabuki 2018/09/24 10:38

    キリスト教の保育園で実際に働き、6年目になる保育士です。
    私が働いている園は、運営者が元牧師で園の内装に十字架が掲げてあったりと、キリスト教色が強く出ていると思います。保育の中で、朝の会、食事の前に手を組み合わせてお祈りを行い、「アーメン」と言って1日の活動や食事の時間が始まります。しかし、私はキリスト教を信仰しているわけではありませんし、園児の保護者にもキリスト教の人は全くいないと言って良いほどにいません。
    また、キリスト教ではありますが、お正月になれば門松としめ飾りを飾りますし、子どもの日には大きなこいのぼりを飾り、ひな祭りには7段飾りのおひな様を飾ってみんなでお祝いをします。節分の豆まきも七夕行事もあります。私のイメージの中で、キリスト教の保育園は日本の行事をあまり行わないのでは?と思っていたので、初めは驚きました。
    多くの行事を取り入れる理由は、子ども達に日本に昔から伝わる伝統行事を伝え、季節を楽しむ経験をさせてあげたいからだそうです。私が勤めている園は、そういう意味ではとても柔軟な園なのですよね。
    普段の保育内容も、お祈りの時間がある以外は普通の保育園と全く変わりません。お祈りの時間も慣れると、子ども達が小さな手を合わせてつたない言葉で「アーメン」と言っている姿がとても微笑ましいく感じますよ。
    転職希望の保育園も、キリスト教の信仰は強制ではないとのことですので、そこまで宗教色は強くないのではないでしょうか?
    もし気になるようでしたら、園見学に加えて行事の見学もさせてもらうと良いと思います。行事には園の特色が結構出ますので、より深く保育園のことを知ることができますよ。

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「保育ひろば」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


ページ上部へ移動する