保育士です。マタハラにて他園に転職を考えています。23view

今現在妊娠7か月の妊婦で、現役保育士です。
27歳で保育士6年目なのですが、2年前に結婚をし今に至るという感じです。

これまで乳児や幼児クラスのリーダーを任されて来たり色々な業務を兼任して来たりしましたが、体調面を考慮され今はフリーで各クラスに入ったり事務作業の方を主に行っています。
実は先日プライベートで旦那と花火大会に行った際に、赤信号で車を止まっていたところに後続車の若いカップルが完全によそ見運転で玉突きに遭いました。
妊娠中の為検査にて翌日産科に出向かなくちゃいけなかったのと、その他もろもろの聴取等の為警察に行く用があり朝一で園に連絡をし、事情を伝え、お休みをいただきました。

無事に母体とも何事もなく、翌々日出勤し園長先生含め各先生方にお詫びの挨拶をし終えた後上司にあたる50代のベテラン保育士に個室に呼ばれ付いていくと、それまで一度もぶつかったこともなく一番信頼し、仲良く働いていた関係だったのに「あのさ、妊婦で花火大会に行くとかありえないから。そんなことしてるから事故に遭うんでしょ?ただでさえ身重なあなたを臨月まで働かせてるんだから身の程わきまえなさいよ!」と…
正直そんな事を言われると思ってもいなかったので、ショックももちろんうけましたが私も妊婦で産休ギリギリまで働かせもらえる環境の中でできる業務はきちんとこなしてきましたし、幸いつわりも軽く、遅刻や早退、欠勤することもなく週5できちんと出勤していました。
確かに臨月近くになって車には乗っていたものの人ごみに出たのは自分の体をいたわりきれていなかったのかも…と思いましたが、そこまで言わなくても、というのが正直な気持ちでした。

その日から私への当てつけがひどくなり、職員が少ないクラスにお手伝いに入ろうとすると「○○先生が入ると逆に子どもに危険が及ぶので入らなくていいです。」や、土曜保育でたまたまその先生と出勤が被った日は、私の知らない内容を他の先生とずっと喋ってのけ者にしたりとあからさまな態度を取られる日々が続きました。
しまいにはまた呼び出されたかと思えば「園長先生があなたの産休入りを早めるって言ってるんだけど反論はないよね?」と。
後に園長に自ら尋ねると「○○先生が提案してきたことで私からは一切話は出してないわよ」と言われ、完全に私を除外しようとしている魂胆が見えました。

産休、育休取得後またこの大好きな園に復帰しようと考え、子どもが保育園に入所したら転職活動でバタバタせず復帰する場所がある。と安心していたのに、今回の事があり育休明けで復帰するのをやめ、転職を考えています。
もし復帰したとしても一人このような職員がいるだけで業務に支障も少なからず出てしまうだろうし、復帰するまで不安な気持ちで過ごしたくないです。他の職員は園長先生とはこんなギクシャクしたことはないのですが、一年ほど現場を離れるにあたってその間に人間関係のバランスが崩れてしまって働きにくい環境になっていたら嫌だな…と。

とりあえず今はこのまま産休に入ってしまおうと思い、来年育休期間が終了する頃に退職希望を出そうと思っているのですが、同じような経験をされた方いらっしゃいますか?

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. oogimi-c9 2018/09/22 15:26

    私も現役保育士で妊娠中だった頃、主任と園長からマタハラを受け、私の場合は産休に入るまでそれに耐える事が出来ず、退職をしました。
    というのも当時働いていた園のその主任と園長はともに50代で独身で子どももいなく、20代半ばで結婚をし妊娠した私がうっとおしかったらしく、完全に理不尽な都合で目をつけられていました。
    多分その時の私がある程度年齢もいってて色々な知識や行動力があればそれを回避したり立ち向かえたと思うのですが、全く刃向うこともできずただただ耐えるだけで体調を壊す一方でした。
    朝出勤して挨拶しても目も合わせず無視。主任や園長が旅行に行った際にお土産を買ってきたときには私の分は人数に入っておらず、私も他の先生方にこの状況を気づかれたくなかったので「つわりで気持ち悪いから私ちょうど食べれなくて…」とごまかしていました。
    テレビやサイトでマタハラは聞いたり読んだりはしていましたが、実際に私自身が経験するとは思っていなかったので体力面でも精神面でもダメージをうけました。
    妊婦健診に行った際にもそれが影響してなのか毎回「赤ちゃんちょっと小さめだね~」と言われ、もしこのまま赤ちゃんが無事に産まれてこなかったらと思ったら不安で不安でしょうがなく退職を決意しました。
    そのあとはノンストレスのまま無事に3250gの元気な男の子を出産しました。
    なので職場のマタハラに頑張って耐えるのではなく、今はお腹の赤ちゃんを一番に考え退職するか早めに産休に入って体に無理をさせないことが一番です。何かあってからではそのベテランの保育士を恨むだけでは済まなくなりますよ。

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「保育ひろば」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


ページ上部へ移動する