半導体メーカーの法人営業のメリット・デメリットとは?6view

文系出身ですが、半導体メーカーの法人営業職へ転職を検討しています。
会社の方では、入社後研修が行われるため文系出身でも問題ないと言われています。
実際、文系出身でありながら半導体メーカーの営業職に転職された方のお話をお聞きしたく思います。
文系出身でも問題なく仕事はできますか?勉強は大変ですか?また、この仕事のメリットとデメリットは何だと思われますか?
様々なことをお聞きしますが、答えられる範囲でお答えいただければ幸いです。よろしくお願い致します。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. lagarinhas 2018/09/22 14:58

    私は新卒で、半導体メーカーに営業職として入社しました。
    就職活動をしている際に、ポイントとしていたことは、法人営業職ということです。
    そのため、営業自体に不安な気持ちはありませんでした。
    実際に、大学時代にアルバイトでサービス業を経験していましたので、それに比べたらとても仕事がし易いと感じていました。

    まず、半導体の法人営業で難しいことは、半導体を使用するメーカーの技術職の方々と商談する機会が多く、文系出身の私にとっては、理解するのにとても苦労します。入社して9ヶ月の期間、ほぼ、同行と内勤を通して学び続けています。
    商談の際に一番苦労することは、用語です。自社の製品・商品についてはある程度理解をしてきていますが、それでも、商談の際に質問されることや説明する際に適切な用語を見つけて紹介しなければなりません。また、業界で使われている用語が日常では使われない言葉ばかりですので、それが理解するのにとても難しいです。
    また、勉強をしていても、今まで触れたことのないことばかりで、本当に小学一年生になった気持ちがします。先輩方も、最初はこんなもので5年ほどを見積もらないと、商談でわかる!という気持ちにはならないということです。

    次に、この会社に入ってよかったと思うことは、土日祝日、連休が多くあるということです。私の会社では、130日近くの休日があります。そして、有給休暇の取得も社長をはじめとして、会社全体で推奨しているため、仕事の設定、及び、プライベートな予定も立てやすいです。近年、ワークライフバランスが重要視されてきており、仕事のみならずプライベートも充実させる動きが高まってきています。そのため、私の会社でも完全土日祝日のお休みがもらえることはメリットな点です。
    また、残業自体もあまりありません。私は営業ですが、お客様とのお約束・商談が終わり、また、工場との連絡をしっかり行えば、定時で帰ることができます。時には、商談時間が遅くなり、定時で帰ることができないこともありますが、月に数日程度です。私自身、仕事で自分の時間をつぶされるのは嫌だと思っていますので、定時で帰るつもりで朝は早めに出勤しています。仕事にはそれぞれのやり方がありますので、残業という形で遅くまで残る人もいれば、私のように早く出勤して早く帰る人もいます。

    上記のことから、半導体メーカーの法人営業は、日常生活ではあまり触れることのない業界や仕事内容が多いかとは思いますが、時間をかけて学んだ分達成感ややりがいも大きいです。デメリットやメリットというのは、自分で考え方次第でどちらにもなり得ます。私自身が感じた、会社のメリット、デメリットを紹介させていただきました。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する