SIerから転職した理由を教えてください23view

20代半ばで中堅SIerに勤めている者です。
不躾な質問で恐縮なのですが、最近転職をしたくて仕方がありません。私は元々情報系の学部を卒業していまして、プログラミングの仕事をしたいと考えており、たまたま内定をもらった今のSIerで当初はプログラマーとして仕事をしていました。ずっとプログラマーとして仕事することを希望していたのですが、人員不足などの会社の事情から、入社3年目より上流工程の仕事を任されるようになり、今は主にSEとしてお客様との打ち合わせや設計書の作成などをメインとして働いています。
設計の作業も嫌ではないのですが、プログラミングがしたくてこの会社に入ったのに、どこか納得できない自分がいます。もともとコミュニケーションスキルも高い方ではなく、お客様との打ち合わせが苦痛で仕方ありません。先方の意図を汲み取ったり、うまくリードして喋ることが苦手です。上司からは、うまくお客様をコントロールして、こちらに有利な方に持っていけとか、営業の駆け引きのようなことまで支持されたりしますが、そのようなことは今の自分には難しすぎますし、それはもうプログラミングの仕事とはかけ離れてしまっているように思います。そのような対人関係スキルが必要な上流工程の仕事よりも、効率的なロジックの組み方などを考えている方がよほど楽しいです。
将来のことを考えると、スキルアップとして一般的に言われるように、より上流工程の役割を担っていき、PMやマネジメントの仕事に推移していくという出世の道しるべもわかるのですが、私としてはやはりプログラミングのスキルをアップさせたいですし、もっと技術的なことを突き詰めたいです。プログラミングだけで食っていけるのかと言われれば、正直少し不安になることもありますが、やはり自分はプログラマーとして極まりたいという思いもあります。

今はSIerに勤めていますが、SIerではプログラミングができないと言う同じ悩みを知り合いから聞くこともあり、SIerから転職すべきか悩んでいます。このような理由で今まで勤めたSIerから転職するまっとうな理由になるのだろうか?とも思います。このような理由でSIerから転職された方いらっしゃいますか?他にもどのような理由でSIerから転職されたのか知りたいです。アドバイスいただけますと嬉しいです。よろしくお願いいたします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. hosorogi_xk 2018/09/19 5:45

    SIerでプログラミングができないってのはよく聞くよー。やっぱりプログラマーより要件定義とか設計のできるSEとかの方が人が足りてないからね。その辺よく見極めて会社を選ばないといけないね。
    そもそもSIerでプログラミングがしたいって言うけど、何かやりたい言語とかこだわりのものがあったのかな?プログラミングを極めたいなら組み込み系とかアプリ開発、Web系でもできると思うけど。

  2. kobuke 2018/09/18 16:42

    私は某電機メーカーS社系列のSIerに勤めていました。SIerで働いていた理由は、大学生の就職活動の際に「お客様の困っている課題を聞き出しシステムで解決する!」という社員さんの熱い話に「面白そう!」と思ったのがきっかけです。そもそも文系の学部だったのですが、みんな営業の仕事ばかりに募集していました(というか営業の募集がほとんどでした)。私自身営業は向いてないと思っていたところに、文系でもSEならできる!という触れ込みで募集をかけていたシステムの仕事に興味を持ちました。(パソコンはある程度得意でしたし…)。SEに絞って就職活動を進めた結果、某大手鉄鋼メーカー関連のSIer「E社」と、冒頭の「S社」に内定をいただき、最終的には出身地の関西で働けるということで、S社を選びました。(結局後に東京転勤になるのですが…)

    S社では、当初は大手ERPパッケージである某「Sシステム」のアドオン開発などに携わりました。プログラミングの知識は皆無でしたが、研修制度もしっかりしており、業務をこなしていくうちに問題なくプログラムを組めるようになりました。プログラマー時代は特に不満もなく働いていましたが、東京転勤が今後の運命を左右するきっかけとなります。
    東京ではプログラミングではなく設計がメインとなり、いわゆるSEの作業をすることになるのですが、これが私には難しかったのです。上司からもよく「君はSEのセンスがないね」と言われました…
    プログラマーをメインでやっていたときは、設計書に従ってプログラムを組むだけだったので、もちろんプログラムの組み方の工夫などは色々あるのですが、それは先輩も教えてくれましたし、苦にはなりませんでした。しかし、設計書を書くようになって、その難しさに直面しました。うまく表現しにくいのですが、SEは考慮すべきことが多すぎるのです。プロジェクト全体への影響も考慮しないといけませんし、もちろん、プログラマーへの考慮も必要。あとはお客様の要望もきちんと反映させないと結局作り直しになりますし、考慮漏れがあると設計のやり直しが必要になり納期に間に合わなくなるなど、プレッシャーがプログラマーとは全然違いました。もちろん「SEセンス」ということだけを言い訳にするつもりはありません。仕事のやり方が悪かったというのもあると思いますが、心のどこかにもっと私にもセンスがあったらなぁという思いがありました。

    そうこうしていながらも次のプロジェクトではIFチームのリーダーを任されてしまい、自分なりに一生懸命頑張ろうとするのですが、システム的な最適解がわからない→沸き起こる課題に対応できない→うちのチームだけ遅延が広がっていく→上司に叱責される→落ち込む、といった悪循環で、プロジェクトの運営に大きな支障をきたしてしまい、それをきっかけに、私はSE向いてない、これ以上迷惑を掛けてはいけないと、転職を決意しました。

    今でも前の会社の上司とたまに会うのですが、「君はSE辞めてよかったよ」と言われます(笑)。上司の話では、SEに向いてない人がSEをやっているケースが多いらしく、「なんでこの人はSEやってるんだろう?」と思うことがよくあるみたいです。元々人手不足と言われているシステム業界ですから、無理もないのかもしれません。

    今ではシステムとは全く無縁の仕事に就いておりまして、辞めたことは後悔していません。よりよく働くために前に進んだと思っています。もちろん与えられた目の前の仕事を精一杯することは大事ですが、誰にでも向き不向きはあると思いますし、努力だけでは解決できないこともあります。働く環境を自分で考え、より良い方向に行動することも大切なことだと思います。ぜひ、前向きな転職活動が進むことをお祈りしております!

  3. kutuwa 2018/09/17 10:03

    同じく私もプログラマーです!私の場合はSIerからの転職というわけではなく、同じSIの業種を渡り歩いています。
    参考になるか分かりませんが、同じプログラマーとして私の経歴を簡単に書きますね。

    1社目の会社は某H立系列のSIerで、とあるパッケージのカスタマイズや追加開発などをやっていました。元々情報系の大学を出ていますしプログラミングは好きだったので、プログラミングで食べていくためにはまずは徹底的にスキルを伸ばすことが必要かなと思って、そのパッケージの勉強をひたすら極めました。自宅にスペックのいいサーバー作ってそこでテスト環境とか作ったりもしました。
    そのうちにスキルが付いてきて、上司からは「うちの会社でこのパッケージに一番詳しいのはお前だ」とまで言われるようになりました。
    スキルが付いてくると、少しずつ会社への不満が出てきました。というのもうちの会社はプライムで案件を取っているわけではなくて請負案件ばかりやっていたので、会社間の取引の条件や予算の都合などでプロジェクトの最後まで関わることができなかったりして、商売として人が切り売りされている印象を強く感じるようになりました。いいように会社から使われているというか。
    そんな中、某C社のプロジェクトに参画したのですが、そこのプロジェクトリーダーの方が私の技術力をとても買って下さり、褒めてくれました。私のお給料などの話をすると、「君はそんなところで留まっている人間じゃない」と言われました。その方も大手SIerの結構偉い立場の方だったのですが、どうも会社の考え方と合わず(喧嘩した?)みたいで、別の外資系SIerに引き抜きという形で転職されるとのことでした。その時に私にもお声をかけていただきまして、その方と一緒にもっとスキルを磨きたい!という気持ちと、お給料の待遇も上がるとのことで、転職を決意しました。その外資系SIerがプライム案件のみをやっているというのも魅力的でしたね。
    プログラマーとしてキャリアを磨いていくならやはり他のプログラマーが持っていないようなスキルが必要で、それを武器として生き残っていくしかないと思います。
    参考になりましたら幸いです。

  4. kasiwaba 2018/09/16 14:40

    SIerから社内SEへ転職しました。俺の場合はSIerでお客様とやり取りしていく中で、単純に社内SEの方が仕事が楽そうと思ったのがきっかけ。
    SIerの仕事ってやっぱりお金をもらってお客様のシステムを構築していくわけだから、立場的には弱いというか、お客様から無理難題も結構言われたりして、納期も絶対守らないといけないから納期前は死ぬほど忙しいし、プレッシャーも結構あったんだよね。言いたいことだけ言って自分らは毎日早く帰ってるお客様が羨ましかった(笑)簡単に言うと理由はそんな感じかな。

    まぁ社内SEになったらなったで、今度はシステムを使ってる自社の営業さんや店舗のスタッフさんから色々きつく言われたりするし、納期は結構厳しかったり、バグがあったらすごい怒られるし、構図的には同じことになってるけどね。うちのシステム部の立場が弱いんだよね(汗)
    SIer時代は社内SEが楽そうに見えたけど実際はそうでもなくて、これがいわゆる隣の芝生は青く見えるってやつかなと思ったりしてます(笑)社内SEとかプログラマーとか目指すなら、システム部の立場が強いか弱いか見極めるのが一番大切かも。

  5. syakusiya 2018/09/15 8:07

    SIerでプログラマーとして働いてます。うちの会社ではプロパーのプログラマーが結構在籍していて、肩身も狭くなく、快適に働けていると思います。SEはSE、プログラマーはプログラマーとしてはっきりと部署が分かれてますので、プログラマーとしてスキルを磨いていくことができます。
    私は転職したことないので転職理由は書けないのですが、別の会社の知人でそのような話を聞くことが多く、やはりやりたいことができないとか思ってたのと違ったとかいうケースが多い印象です。SIerと一口に言っても仕事の役割は色々あり作業内容も全然違いますからね。
    もしよかったらうちの会社に来たらどうですか?笑

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する