百貨店販売員のメリットとデメリットは何ですか?25view

ネットショッピングが盛んになり、百貨店業界は苦戦を強いられていると言われていますが、だからこそ百貨店に入社したいと思い転職を希望しています。
良いことも悪いことも全て知っておきたいので、百貨店販売員のメリットとデメリットを教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. enosita 2018/08/20 13:44

    新卒で百貨店に3年ほど勤めていました。私の経験から感じるメリットとデメリットをお伝えします。

    <メリット>
    ①どこに行っても通じる礼儀作法や言葉遣いが身につく。
    百貨店の社員になると、まず店頭に出る前に研修センターなどで何日にもわたり、接客の基本を徹底的に叩き込まれます。
    ご年配のお客様も多いため、その方たちにも失礼のないよう、一般的に使われているよりもより丁寧な敬語(「そうなんですね」→「左様でございますか」)を学んだり、お辞儀や商品を触る際の所作まで学びます。
    言葉遣いは研修だけでなく、実際に売り場に出てからでも、先輩や売り場責任者に厳しく教えられる部分なので、1年程度勤務するだけでどこでも通用するような言葉遣いや礼儀作法が身につきます。

    ②やりがいがある
    百貨店は常に一定の顧客様を抱えており、また同じ売り場に何度も定期的にいらっしゃる方がとても多いことが特徴です。
    そういったお客様と信頼関係が築けると、ご指名で売り場に来てくださったり、「あなたのお見立てで全身選んで」とお願いされたり、家族や友人を紹介され、親娘で自分の顧客様になってくれたりといったこともあります。
    また、日々の売り上げや顧客数はデータとして出て、評価にも繋がったり表彰をされたりするので、頑張れば頑張った分何かしらの結果が出る、やりがいのあるお仕事です。

    <デメリット>
    ①プライベートでの対人が億劫になる。
    百貨店での接客は常に最高のホスピタリティを求められ、時には理不尽なクレーマーに対しても低姿勢で真摯に対応することが求められます。
    そのため、仕事上で常に笑顔で気を使っている反動で、仕事以外では気を許せる家族や友人以外の他人との接触をできる限り避けるようになる人が増えます。
    服を買う時に自然と店員と話す必要のないファストファッションに向かうようになったり、美容院やネイルサロンでも必要以上に話さなくなったり、知らない人が来る飲み会に参加しなくなったり……といった傾向が、私を含む同僚何人もに見られました。

    ②社歴が物を言う縦社会
    百貨店業界は(全ての百貨店がというわけではないと思いますが)未だに社歴が物を言う、年功序列・縦社会の風潮が根強く残っています。
    新人は朝出勤したら上司や先輩全員に挨拶回りをすること、休憩時間や希望を出す順番、仕事中はもちろん飲み会や忘年会でも常に気を配り、お酌や司会進行や挨拶周りをしていたら何も食べられなかったなんてこともザラにありました。
    それに耐えて対応することによって、忍耐力や対応力、転職した際に上司や先輩に褒められる(気に入られる)というようなメリットはありますが、そういったストレスに弱い方にはあまりおすすめできない職場だと思われます。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する