生産性を感じず、やりがいのない大学職員から異業種に転職したい892view

私は中途採用で大学職員に転職し、6年目です。大学職員になる前は、一般企業で営業をしていました。転職してすぐの頃は、一般企業と大学の働き方の違いにとても戸惑い、悩むことも多かったですが、6年目にもなると所属部署だけではなく全体が見えてきて、日常の業務に慣れた一方で、やりがいを見い出せずにいます。

営業していたときは毎日が外回りだったので、暑い日も寒い日も新規で飛び込み営業をしていました。体力的には楽ではありませんでしたが、営業という仕事は自分の成績が数値で見えるので、とてもやりがいを感じる仕事でもありました。また、毎日違うお客さんと出会い、お客さんとの話を通して自分の成長を感じることも多く、いつも新鮮な気持ちで毎日を送っていました。
それに対して、大学は利益を追求する組織ではなく、学生の教育、大学の運営、教員の研究支援という主な役割を担っています。基本的にはデスクワークで、学生対応以外に、会議の資料や報告書、予算書、年間計画書などの作成をします。学生の立場から見る大学職員の仕事はごく一部でしかなく、多くの時間を文書作成に割いています。

私は文章を書くことが嫌いではありませんが、会議の議事録を文章にまとめるときに、上司から何度も訂正させられます。一回の会議で議論されたことを、だいたいA4用紙3~5ページくらいにまとめるのですが、一度上司に見せると、赤ペンだらけで返ってきます。でも、上司の指摘する部分は、全て言い回しや表現などで、議事録として必要な主旨は全てきちんと書いています。そんな言い回しや表現などは作成者によって違うもので、正解はないはずです。主旨は変わらないのに、そんなことで2回も3回も訂正させられるのが嫌でなりません。時には、夜10時まで訂正し続けたこともあります。
最初はこれも勉強だと思って、訂正される度により分かりやすい文章の書き方を意識して作成しました。でも、前回指摘された通りに次回作成しても、結局また訂正されるので、最近ではただ機械のように従うことにしています。上司が指摘する訂正内容は、いつも「内容が間違っている」のではなく、「上司の思い通りの文章を書くこと」なのです。

また、大学は会議がとても多い組織です。大学によっては、学長によるトップダウンで動く大学もありますが、私の大学では、全てのことが会議を通して決まります。いい意味では民主的なのですが、必ずしもそうとは限りません。大学は定年まで勤める人が多いため、なかなか新しい風が入ってきません。そのため、会議をしても、発案者が気に入らないからという理由で反論したり、学部間の仲が悪く議案を引き延ばしたりするケースが出てきます。大学のため、学生のためにあるはずの会議なのに、本来の目的が見えていない教職員が多いのです。賛成派も反対派もだらだらと議論を続けて、丸一日かかる会議もあります。

文書作成にしても、会議のやり方にしても、私には生産性を全く感じられません。
もちろん何事にも、何度も何度も会議を重ねて熟考し、より良いものに作り上げることは大切です。でも、6年も経つといろんなことが見えてきて、こんなことにかける時間と労力があればもっと学生のために使いたいと、非常にもどかしさを感じています。私はもっとスピード感をもって仕事に臨みたいのですが、大学の働き方とは価値観が合わないのかもしれません。

これから先、ずっと大学職員として働き続けるためには、意味のない会議や何度も繰り返される文書作成を辛抱して続けなければならないのですが、私にとってやりがいが見えない仕事は、とても苦痛でなりません。そして、だんだんこの環境に慣れて、ただ機械的に動いている自分に気づくと、とても怖くなります。

もし異業種に転職すれば、もっと自分の価値観に合う企業で私の働き方を大切にできるのではないかと思っています。大学職員は、どんな業種で経歴を活かすことができるでしょうか。大学職員は公務員と同じく、一般企業の方々からすると仕事の働き方が甘いと思われていると聞いたことがあるので、実際に転職活動を始めるにあたって、社会でどう評価されるのか不安を感じています。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. sinohe 2018/07/30 18:43

    一生懸命作成したのに、毎回訂正だらけだとやる気がなくなりそうですね。そんなことにかける時間と労力があったら、もっと生産性のあることに費やしたいと思う質問者様の気持ち、分かります。確かに1年目や2年目だったら、文書作成の基本を教えることも大切ですけど、6年も経って上司からそんなふうに指摘されたら、「俺は機械じゃない!」って言いたくなりますね。

    例えば、その上司だけがそうなんですか?もし、これから部署異動とかで働く環境が変わったら、もう少し働きやすくなるかもしれませんよ。
    転職もいいけど、大学職員っていろいろと恵まれた職業であることは確かなので、6年経ってもやりがいを見つけられないなら、仕事以外のプライベートを充実させるとか、習い事をして自分を成長させるっていう方法を探してもいいんじゃないでしょうか。

  2. 51asaeda 2018/07/28 10:47

    私は、仕事で大学に出入りすることがありますが、正直、大学の職員さんって、定時に帰れて楽な仕事だっていうイメージがあります。あと、融通が利かないっていうか、何でもルールに従わないといけないから、人間味がないっていうか。何をするにも時間がかかるし。外から見ると、企業では働けないかなって思っちゃいます。
    でも、質問者様は一般企業で働いた経験もお持ちだから、アピールの仕方次第だと思いますけどね。やっぱり文書作成とか、プロジェクトの綿密な計画とか、強みになるのはいろいろあるんじゃないですか。それを買ってくれるかどうかは、企業によって違うと思います。

  3. nakatake_zhq 2018/07/27 9:42

    私は地方公務員です。大学職員とは違いますが、一般企業よりは似た働き方をしているのかなと思います。
    何でも文書に残すことが必要なので、文書作成は業務の大きな一部ですね。どんな文書でも、ある程度書き方が決まっています。
    質問者様は、自分なりの書き方にとてもプライドを持っていらっしゃるのではないでしょうか。でも、仕事ではそんなに頑張る必要はありません。たいてい毎年同じ時期に同じような事案を会議で諮っているはずなので、前年と同じように作成したらいいんです。
    文書の書き方もそうですし、上司との関係もそうです。「もっとこうしたらいいのに」と考えることは働く上でとても大切ですけど、質問者様の働く環境では、そんなことは求められていないんじゃないでしょうか。そこで自分の気持ちに意地を張っても、周囲とぶつかって自分がしんどくなるだけですよ。仕事は仕事なんですから、言われた通りに、楽にすればいいと思います。

  4. gadanho4486 2018/07/26 4:50

    私は大卒でメーカーに勤め、今年で9年になります。会社ではもう中堅社員になり、小さなチームを任されています。

    確かに、企業は常に競争にさらされているので競合他社の動きに敏感だし、営業でも商品開発でも、どの部署でもスピード感を持って仕事をしています。のんびりしている暇はありません。
    私が大学生だった頃、大学の職員さんと関わる機会といえば、授業の履修登録や就職活動のときぐらいしかなかったように思います。どの仕事でも楽なことはありませんが、確かに企業との働き方とは違うのかなと思いますね。
    企業は利益を残さなければ潰れてしまうので、うちの会社では社員が一丸となって働いています。若い社員も多いですが、仕事につまずいたり、悩んだりしているようなときは、みんなでフォローしています。おかげで、離職率は低い方です。
    私はけっこう熱血タイプなので、大学の職員さんのような働き方は合わないと思いますね。デスクワークが合わないというより、日々の仕事を坦々とこなして、起伏のない働き方はあまりおもしろみがないと思うからです。いい時も悪い時も、会社の同僚と分かち合って乗り越えることが大切だと思います。

    私の話ばかりしてしまいましたが、企業で働くのはこんな感じじゃないでしょうか。質問者様は営業の経験を持っていらっしゃるので、そんなに不安に感じる必要はないと思いますよ。6年経っても気持ちが変わらないなら、もう一度一般企業に戻ってもいいんじゃないでしょうか。

ページ上部へ移動する