ドラッグストアの薬剤師の定年。60歳定年後に65歳まで働ける雇用はあるか?43view

はじめまして、お世話になります。わたしは56歳の薬剤師で、ドラッグストアで正社員をしています。わたしの働くドラッグストアでは60歳が定年になっていますので、あと数年で退職になります。ですが、まだもう少し働けると思いますので、定年退職をしたあとはまたどこかで働きたいのですが、退職後に就職する場合は、パートでしか雇ってもらえないのでしょうか。それなら、いまのうちに定年の年齢が65歳とかもう少し上のところに転職しておいた方がいいのでしょうか。できれば正社員で65歳くらいまで働きたいので、そういうところを探したほうがいいでしょうか。希望はドラッグストアです、よろしくおねがいします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. gokuraku_64 2018/06/12 15:01

    ドラッグストア薬剤師の正社員の定年は現在では他のサラリーマンと同様に60歳であることが多いようです。企業によっては定年撤廃とか、65歳定年とかあります。60歳でやめてそのまま引退してしまう薬剤師も多いかもしれませんが、体力は周りの若い薬剤師や登録販売者に劣っていても、長年培った知識や経験は比べ物にならないものとなっていると思われますので、そのままパート契約に変更して継続して働くことも十分可能です。これは多くの会社で継続雇用制度のようなものがあると思います。特に入社したての経験の浅い薬剤師はお客様からOTCや健康食品について質問された時に、薬理的に知識がある内容だとしても、どの商品を勧めたら良いのか困ることがほとんどです。そういった時に話術が巧みで知識も経験も豊富な先輩に教えてもらえる環境であることは、とても心強いものです。定年後の薬剤師がそのままドラッグストアに残ることは、自身の収入ややりがいだけではなく周囲にも良い影響を与えることが多いでしょう。
    逆に正社員としては継続して働けない場合も少なくはないと思います。定年前に勤めていた企業にそのまま継続して正社員として残るケースであれば、問題ないかもしれませんが、一度退職した後に正社員として就職するのは難しいかもしれません。企業側としては正社員には長く勤められる人材や、若い人材を求めているからです。その後何年働けるか不明であることや、やはり周囲よりも体力面で劣ることを考えると雇う側はパート社員で打診することが多くなるでしょう。パート社員として働いても定年後の生活を支えるのに十分な収入にはなると思いますが、退職前にはよく検討したほうが良いかもしれません。
    薬剤師は自身の知識を武器として働いているので、やる気と体力さえあれば何年でも働くことは可能です。ただし、その場合は自分の衰えも自覚し、周りに迷惑をかけない程度に働くことが大切ですし、アドバイスは大変重宝されるのですがうるさく口出ししすぎないようにすることが、職場関係を円滑にして長く働くコツなのかもしれません。
    コメントが長くなりましたが「60歳以降でも雇用形態にこだわらなければ十分働ける。そして年収もそれでも十分にある。だから今この歳から転職はしなくてもいいのでは?」というのが質問の回答です!

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する