介護職員の直面する理想と現実のギャップについて4view

介護業界未経験ですが、介護職員になりたいと考えています。
お年寄りと話すのが好きなので、毎日お年寄りのお世話をしながら様々な話に耳を傾け、少しでも楽しい毎日を過ごしてもらいたいという気持ちがあります。
しかし、ニュースなどでは介護職員の仕事は大変だとか、体力的に辛いとかあまり良い話を聞きません。
介護職員として介護業界で働くと直面する理想と現実のギャップについて、事前に知っておきたいと思いますので、教えていただけないでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. ooiwane_35 2018/07/16 1:46

    私は以前、雑貨を販売する仕事をしていました。しかし、学生の頃から介護に興味があり、人の役に立つ仕事がしたいと思い、ヘルパーの資格を取り、介護の道へ進みました。高齢者の方との関りは、充実したものでした。自分がお手伝いしたことに対し、感謝していただけることに、やりがいを覚えて、充実した生活を送っていました。

    仕事に慣れてくると、日勤の他に、遅番や夜勤のシフトも組み込まれてきました。昼間は穏やかな利用者も、夜になると不穏になり、介護をすると暴れたり、危害を加えられることもあります。また、夜勤は職員の人数が少なくなり、一人で、おむつ交換や体位変換、次の日の準備、一人一人の様子を記録することなど、やることは沢山あります。なので、一人の利用者が眠れないなど、コールを頻回に押されてしまうと、他の利用者のコールに対応できなくなり、事故が起きてしまったりと、いろいろな問題が起こってきます。介護職に就く前は、どの利用者にも優しい声かけや悩みなどを聞いて、安心感を与えてあげたいと言う理想を持っていましたが、現実は人が足りなく、時間に追われて一人一人の利用者とゆっくり関わることが出来ない状況です。

    また、夜勤などを週1回くらい入ると、身体のサイクルがおかしくなってきて、生理不順や無排卵になってしまい、婦人科に通う職員も多いのが現状です。今まで正規職員で働いていた職員も、体調を壊して派遣社員で日勤で働いたり、デイサービスへ転職する仲間もいました。
    介護施設はシフト制なので、普通のサラリーマンやOLと違い、土日祝日休みではないので、友達との予定を合わせるのも大変です。また、彼氏や家族との予定を合わせるのも、月に数日しか出せない勤務希望を出して、何とかやりくりをしています。

    介護の世界もだんだんと男性職員が増えてきましたが、まだまだ女性の職場なので、出会いが少なく、40代になっても結婚をしなくて独身の職員も沢山いますし、生活のスタイルが家族とずれてくるので、離婚をする人も多くいます。
    看護師との連携がなかなかうまくいかず、悩むことも多いです。

    一番の問題は、お給料が安いことです。資格手当や夜勤手当がないと、生活ができないくらいです。特に、結婚している男性職員は大変で、夜勤を多く入れてもらったり、介護以外の草刈りなどの手伝いをして、お給料をあげる工夫をしています。夫婦共働きでないと、かなり厳しい現実です。

介護業界転職サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 上場企業系列の介護系求人サイト「ツクイスタッフ」が安定感抜でランキング1位を獲得中!拠点は全国に30以上!

  2. 資格がない方へのサポートもあり!これから介護業界を目指しながら働きたいならこのサイトからスタート!

  3. 大手ベネッセグループが提供する介護系の求人サイト!2サイト併用する人はベネッセ利用者が多い!

ページ上部へ移動する