文具メーカーのルート営業とはどんな仕事ですか?14view

文具メーカーへ転職したいと考えている20代女性です。
私が転職活動をしようとしている文具メーカーは、ルート営業をするということなのですが、ルート営業とは決まった企業を周るということですか?
新規開拓をしないでよいということなのでしょうか?
よくわからないので教えていただけると助かります!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. saikuya_d 2018/07/17 13:57

    文房具のルート営業をしていました。
    もともと文房具や雑貨が好きだったこともあり、仕事が決まった時は不安よりも期待の方が大きかったことを覚えています。

    文房具のルート営業の主な仕事は「取引先を定期的に回り、常に自社の扱う商品を置いてもらうようにすること」がメインです。
    すでに取引を行っている相手との仕事になりますので、新規開拓営業を行うようにガツガツとした営業をすることはそれほど求められず、どちらかと言うと聞き役に回って、お店の方やお客さんの意見をどれだけ吸い上げられるかが重要になってきます。

    そういう意味では女性の方がルート営業に向いているかもしれません。
    というのも、これは以前お店の方から聞いた話なのですが、男性営業マンに商品を勧められるとすでに付き合いのある会社の営業マンということもあり、なかなか本音を言えなくて困るそうなのです。
    もちろん男性だから全てダメというわけではなく、性格的なものもあるのでなんとも言えませんが、要はお店の方からすると聞き上手で威圧的ではない人が来てくれると相談しながら商品を決められるので良い、という事のようです。
    営業と言っても新規開拓とルート営業は別物なので、新規開拓は向いていないけれどもルート営業は向いている、またはその逆という話をよく聞きます。
    もし新規開拓を今までやってみたけれど自分には向いていないと考えている方がいたら、一度ルート営業をしてみてはいかかでしょうか。もしかしたらルート営業でなら実力を発揮できるかもしれません。

    この仕事のメリットはやはり文房具の情報をいち早く得られて、お客様にそれを自分の口から伝えられる事です。
    他社と合同の展示会などが年に何回も開催され、自社だけでなく他社の新商品も発売前に知ることができるので、文房具好きであればこれほど嬉しい事はないと思います。
    展示会に参加すると近場のブースの方と話す機会もあるので、普通では知られないような業界の話にも自然と詳しくなっていました。
    文房具が好きな方であれば、一日中好きなものに囲まれて仕事ができる夢のような環境です。

    しかし仕事ですのでもちろんデメリットもあります。
    それは荷物が重いということ。
    常時カタログと商品の一部(売上が良いものと悪いもの)を持ち歩く必要があります。
    新商品が出る時期はスーツケースに商品を入れてお客様のところに訪問ということもありました。
    やはり現物を見てもらわないと難しいので、こればっかりはデータや写真ではなく商品を持ち歩く必要が出てくるのです。
    車の時はまだよいですが、都内など車が停められない地域における電車での営業時にはかなり体力的に厳しいと思います。

    私がこの仕事を経験した上で感じたメリット・デメリットは上記のようになります。
    もし質問者様が、文房具が好きで体力にも自信のある聞き上手の方でいらっしゃったら、一度経験されてみてはいかがでしょう。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する