造園業の営業事務はどんな仕事をするのでしょうか?9view

不動産で営業事務として4年勤めている27歳・女性です。
この度、造園業を営む会社から、営業事務として転職しないかとお声をかけていただいています。
お給料など待遇面がいままでよりも良く迷っているのですが、造園業で営業事務がどんな仕事をするのかイメージできません。
造園業の営業事務は、日々、どんな仕事をするのでしょうか?教えてください!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hatamura 2018/07/17 16:45

    外構造園を設計から施工までを一貫して行う会社で営業事務をしていました。仕事内容は多岐に渡ります。主な仕事は、顧客とプランナー・営業のパイプ役として、顧客情報を管理し連絡を取ることや、請求書等の書類の作成や送付等、また設計から施工までに作成した図面や資料の管理です。
    プランナーや営業が受け持つ案件が問題なく進んでいるか、進捗状況を常に把握し、滞りが見える案件のフォローをします。クライアントや顧客の意向や性格を見極めながら、書簡や電話でこまめに連絡をとることが、小さなトラブルやクレームの防止のために大変重要です。
    顧客情報は、個人情報や仕事の内容だけでなく、顧客の性格や嗜好など、営業担当から得た細かい情報も含めて蓄積し、データベースを作成します。
    書類作成は、担当営業と連携をとりながら行います。また商品やサンプルの発注補助や、届いた商品管理も行います。
    設計から施工までに作成した図面や資料は、顧客から提供を受けた図面、設計図面、現地調査画像データ、積算表、原価表、下見積もり等、見積書、施工完成写真データ等、紙媒体とデータ類をあわせて膨大になるため、施工完了後に保管するもの、一定期間保管するもの、破棄処分するものを選り分け、整理と管理を行います。
    担当プランナーと担当営業によっては、実際施工予定の現場に同行し、現場の撮影や、測量器での測量等も一緒に行います。また、完成した施工作品の撮影をし、新たな販促の資料を作成します。
    新たな顧客開拓のため、自社HPの更新、チラシの作成、ポスティングや新聞折り込みの手配を行います。特にHPの情報更新(ブログ更新や施工現場・完成写真のUP)は、会社が請け負う仕事の紹介のみならず、常に会社が新しい動きをしていることのアピールとなり、顧客の問い合わせ数にダイレクトに反映するため、重要です。
    また、工事が進んでいる現場の周辺へは、積極的に足を運び、直接ポスティングや戸別訪問などの営業活動や、現場見学会などのイベントの企画・運営を行います。実際の現場を中心に行う営業補助は、営業スタッフの大きな助けになりますし、プランナー・営業・現場スタッフの実際の仕事の動きをリアルタイムで共有することは、それぞれの担当の苦労や、顧客とのやり取りの上で重要なポイントを肌で汲み取ることに繋がります。
    常に俯瞰で全体の流れを見ながら、サポートが必要な場所へ随時手を差し伸べること、それぞれの担当とこまめにやり取りをし、仕事の流れを明瞭にしていくことが、常に求められます。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する