百貨店販売員の仕事は、商品を売る以外にどんなことがある?19view

百貨店(デパート)の販売員へ転職した際、商品を販売する仕事以外にどのような仕事があるのですか?転職したいと思っているので詳しく教えて下さい。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. takenaka_xl 2018/06/29 16:35

    百貨店における販売員の仕事は、店頭での接客、商品の販売、自社クレジットカードの勧誘、テナントとして入っているブランドの管理など多岐に渡ります。
    販売の仕事は、お客様にお声がけをして商品をお勧めしたり、購入時のレジ打ちやラッピング対応が一日の主な業務になります。店頭の裏や地下階にある倉庫から在庫の補充をしたり、在庫数をパソコンで管理することも仕事に含まれます。
    また、案内表示を見て迷っているご様子のお客様にお声がけをしてご案内することもあります。お客様第一の応対がモットーとされていたため、通路を歩くときは常に端を行きお客様に道を空けるなどの教育が新人研修のときにありました。
    それから、私の働いていた百貨店では自社クレジットカードの顧客獲得に力を入れていたため、お客様が商品を購入されるときに入会のお勧めを積極的にします。当日から使える割引のメリットもあるので、契約されるお客様はわりと多かったです。クレジットカードの契約が取れた件数は、社員の異動や出世の際の評価対象ともされていました。

    正社員は新人研修の頃から、入社後も、勉強をすることが多く求められます。私の働いていた百貨店ではオリジナルの資格が用意されており、昇進や、地域限定職から総合職に上がる際など、必要な資格がいくつもありました。内容としてはファッションに関するものであったり、販売や接客の方法論、経済論など多岐に渡っていました。どれも少し難しいので、専用のテキストをもらい、きちんと勉強する必要がありました。

    新入社員は、入社時の希望職種に関わらずみな店頭での販売から始めます。専門職であれば半年、その他の仕事は1~3年ほど販売職を務めます。その後、人事総務課やクレジットカードの部門、お客様といっしょに商品を開発する部署などに配属となります。店舗を希望し続けていれば、そちらで活躍を続ける方法もあります。多くの社員がそれぞれ、やりたいことを持って入社してきているので、ほとんどの社員は店頭での販売経験を経たあと異動しています。

    転勤などはあまりありません。地域限定職(正社員雇用)の人たちも多くいるので、わざわざ遠くの店舗へ飛ばされるということは初めのうちはありません。新卒入社後の店舗配属も、みんなそれぞれ自宅から近いところをメインに配属されていました。ただやはり年次を重ねて出世をしている人は、いろいろな地域の店舗と職場の異動を繰り返したのちに、上の立場になっていっている人が多かったです。
    私が勤務した百貨店販売員の仕事内容は以上です。勤務する先によって多少の違いはあると思いますのでご了承ください。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する