美容師はどんな時に理想と現実の壁を感じますか?11view

お洒落で綺麗な美容師さんに憧れていて、ハードな仕事だとは分かっていますが美容師になりたいと思っています。
カッコいい職業であるからこそ、大変な事も多いですよね。
美容師はどんな時に理想と現実のギャップを感じるのか教えて下さい。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. akase 2018/06/28 14:34

    私は美容師の資格を持っていて、今は子育てで働けていませんがいつでも働けるメリットがあります。
    今回は3年ほど前に働いた美容室の話です。
    美容師という仕事にどんなイメージをお持ちでしょうか。かっこいい、手に職、拘束時間が長い、手荒れしそう、おしゃれじゃないとなれない…などなどあるかと思います。
    私が働いたお店は12店舗を展開している割と大きな会社で、海外にも店舗を展開する動きをしている会社でした。
    12店舗もあるから働いてる人も様々、おしゃれな人もいればそうじゃ無い人もいる。私の働く店舗は席25席の大きな店舗で、土日祝日は基本的にものすごく混むお店です。お昼休憩がとれず、朝から夜まで働きづめなんてこともしばしば。かっこいい仕事と思っていた理想は簡単に打ち砕かれました。朝から終電までカットやシャンプーの練習があったり、休みは週に1日。1日なんて家の掃除して疲れた体を休ませていたらすぐ終わります。
    手荒れしてドクターストップのかかる後輩も何人も見てきました。体力勝負な仕事です。

    おしゃれで可愛い人、イケメンばかり、というのが美容師のイメージには多いですよね?
    実際は、お店から洋服代として給料がプラスされているところがあったり、そういう店舗は朝服装チェックを行います。お店にそぐわない服装の人は帰って着替えさせられますし、女性はお化粧チェックがあるところもあります。私の働く店舗ではありませんでしたが、服装はやはり美容師らしいものを、とは言われていました。

    美容師の離職率が高い理由。
    街に出れば美容室なんてゴロゴロあるくらい多い中、美容師は離職率が高いです。なぜなら、アシスタント時代が一番きついからです。せっかく専門学校に行って資格まで取ったのにまだまだ駆け出しのアシスタント時代が一番離職率高く、大半が重労働と給料が見合っていないことです。
    労働基準法?はて?となってしまうほど、拘束時間が長く、家族よりも一緒に過ごす時間が長いです。朝早く来て練習、お店の開店準備、掃除、営業になれば休むことなくシャンプーやカラー剤の準備、お昼休憩も15分から20分程で夜も営業が終わってから掃除、練習…帰る時間は毎日終電。おまけにお客様の入りが多いお店はスタイリストさんがバタバタしてお店の空気はピリピリ。下の人たちが気を使ってしまうのは当然の話です。しかも、気を使った挙句、余計なことをするなと理不尽に怒鳴られたりするので、誰でも嫌になって逃げ出す悪循環が発生しているのです。

    これが美容師が理想と現実のギャップを感じた話です。参考になればと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する