不動産業界からITコンサル業界へ転職がきまりました34view

新卒で不動産会社に就職しましたが、このたびITコンサル会社に転職をすることになった26歳の女性です。

転職のそもそものきっかけは、前職の労働環境があまりにひどかったことが理由です。
営業職だったため残業が多く、平均月に70時間ほど残業がありました。ですが残業代が出なく、辞める直前にはボーナスも出なくなることが判明し、退職を決意した次第です。

次に行く業種は、前職のお客様の好意で勧められた、あるITコンサルタント業界になります。個人的にも数字を追いかける業務が好きだし、転職を手伝ってくれたそのお客様のことも信頼してはいるのですが、いかんせん、まったくの畑違いの仕事なのできちんとお仕事ができるかどうか不安です。

「そもそもITコンサルタントとはどういう仕事なのか」という点から始まり、福利厚生、求められるスキルなど、幅広く教えて頂ければ幸いです。
ITコンサルタントの良い点だけでなく、悪い点でのアドバイスも大歓迎です!
たくさんの皆様からの回答をお待ちしております!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. tukanome 2018/06/25 18:21

    私は元々事務職希望だったのに営業職に回されてしまいました。
    基本的に他者との競争や争いが苦手な方なので、自分に数字が課されそれを毎月毎月クリアするのがすごく大変でした。
    クレーム処理なんかも多く、理不尽なお客さんがいるもの確かですが、こちらの手違いやこちらのミスの時なんかは取引先に行くのが本当に苦痛でした。そして契約が取れないと、だんだん事務所内にいるのも辛くて。

    私の会社は基本的には年功序列が関係ないベンチャー企業です。なので、業務成績のいい同期は次々と出世していきます。誰々が主任になった、誰々が課長になった、そんな話を聞くのがとても苦痛でした。そんな同期が私を気にかけてアドバイスをしてくれるのですが、それが全くと言っていいほど参考になりません。営業の基本的なこと、身だしなみはきっちり、ハキハキとしゃべるなど。

    投稿者さんのように数字を追いかけるのが好きな方には、ITコンサル会社はいい業界だと思いますよ。頑張って下さい。

  2. onikura 2018/06/24 12:19

    転職おめでとうございます。
    僕が働いているITコンサル会社も残業は多いですよ。
    基本的には19:00終業なのですが、僕が帰るのは大体22:00頃。下手すれば24:00を超えることもザラです。
    なんで残業が多いのかというと、基本的にはコンサルも営業職なので基本的には外回りが中心の働き方です。なので朝から夕方までびっしりアポイントが入っている日は、日中事務所に戻れないので、書類の処理が夕方事務所へ帰った後に行うことになります。契約した書類を業務へ回し、リース会社への確認電話など。そうこうしている内に22:00〜24:00頃になってしまいます。
    ですが、僕が勤めている会社は最近コンプライアンスが問題視され、業務改善されました。なので、昔は残業手当や休日出勤手当は出なかったのですが、今ではきちんと出ます。なので、心置きなく残業ができます(笑)
    それに基本的に事務所作業は書類の処理だけなので、直行直帰もOKですし、何より外回りの時はサボり放題です!アポイントが入っている振りをし、外に出てカフェで過ごすなんてこともできちゃいます。
    ですが、契約を取らないと自分の評価は上がりません。なので、そういう時は電話で契約を取ります。初めのうちは難しいかもしれませんが、回を重ねるごとにどうしたら自分の思い描く商談にもち込めるかがわかってきます。なので、初めの内はなんでもいいので数を重ねてみてください。そのうちあなたに合ったやり方に気づけると思います。幸運を祈ります。

  3. simooobora_c 2018/06/23 16:27

    以前新卒でITコンサル会社に就職し、その後他社のITコンサル会社へ転職しました。
    僕が新卒で入社した会社は、大々的に「ITコンサル」と謳っているにも関わらず、やっていた仕事内容は物販でした。

    僕の考えるITコンサル業は、前の回答者さまが働いていたような働き方でした。まず、お客様への問題のヒヤリングからスタートし、一緒に解決策を見つけていき、その手法をご提案させていただくという感じでした。
    ですが、僕が入った会社は、まず新卒の見習い期間にリストを渡されテレアポをさせられました。1日1,000件以上がノルマで、その中でアポイントは1日5件取らなければなりませんでした。
    今の時代、テレアポをしても知らない会社だと思った瞬間に電話を切られてしますのがオチです。なので、アポイント5件は簡単そうに見えて、全く取れないんです。しかも、アポイントが取れないとオフィスに缶詰状態。電話をしないと上司から「なんで電話しないんだ?」というプレッシャーがかけられます。僕はそれが一番きつかったですね。

    2年目になり、やっと顧客をもたせてもらえるようになったのですが、やっていることが謎でした。以前導入してもらった機器のメンテナンスと定期訪問、新商品や新サービスが展開されたら上司から「商談をするためのアポを取れ」の一言。
    正直、「僕は何のために働いているんだろう?」という気持ちでした。
    そして、上司と商談に同行しても、コンサルではなく物販。「古い機器より新しい機器を導入したほうが月々の支払いが安くなります」の一言。でも実際比べてみるとそこまで変わらないんです。実際安くなっても月々1,000円〜3,000円ほど。年間で考えればそれほどのお金でもいい金額にはなりますが、これって本当にお客様の為なのかな?というのが本心でした。

    今はネット社会なので、その時僕が働いていた会社はホームページにも力を入れていました。それに、ホームページの作成・運用の契約を取ると会社に入るマージンが大きいんです。なので、僕はホームページの営業も任されたりしました。中小企業の多くはそこまでお金をかけられないところも多く、ホームページ自体がとても古かったり、ホームページ自体ない有限会社なども数多くあります。会社はそこに目をつけたのでしょう。

    実際ホームページの商談の際は、クライアントのホームページをお客様と一緒に見ながら、問題点を共有し、改善点を提案します。今の世の中、ホームページがあったほうが会社の信頼度も上がることは確かです。ですが、今の時代ホームページが整えられていない会社というのは大体が、社長や従業員の高齢化、跡継ぎがいないなどの他の問題が出てきます。そこの根本的な部分の問題がクリアされない限り、ホームページの導入は難しいんです。それなのに会社は売上ばかりを追います。なので、契約が取れないと「なんでそんなこともできないんだ!?」の嵐でした。そこで僕が根本的な解決にはならないことを提示すると「そんな話はどうでもいい」の一点張り。全く話が通じませんでした。

    このことをキッカケに僕は新卒で入社したITコンサル会社を退職しました。今は違うITコンサル会社で働いていますが、こちらの会社は僕が理想としていた仕事内容で満足しています。

    仕事内容は表で謳っている部分と、実際の現場で全く違うという会社も数多く存在します。投稿者さんの転職先も働いてみないとわからない部分も多いかと思います。ですが、僕のような失敗はせず、頑張って下さい。

  4. oeiras 2018/06/21 16:38

    ITコンサル会社で働いた経験がある者です。投稿者さんの会社と全く同じというわけではないと思いますが、私が勤めていたITコンサル会社の仕事内容を少しお話しさせていただきます。

    私が勤めていたITコンサル会社での仕事内容は、中小企業に向けた売上拡大や業務効率化、社内セキュリティの構築などのHOW TOをコンサルしていくという仕事内容でした。
    例えば、売上拡大と一言で言っても、その会社その会社によって問題が違ってきます。
    ある会社は、ネット業務を効率化させたいがうまく行かない、うまく運用できないなどの問題点を抱えていたため、HPのリニューアル化を提案し、そこからネット通販の運用方法などを提案させていただきました。

    もう一つの会社は、お客様の個人情報などを全て紙ベースで行っていたため、個人情報漏洩が心配だという問題を抱えておられました。なので、紙ベースで扱う個人情報を全てデータ化し、データで管理。iPadなどのデバイスを導入して業務効率化もUP。そして、きちんとした社内セキュリティの構築を提案し、導入させていただきました。

    ITコンサル業のメリットはお客様と一緒に会社を作っていけるというところだと私は思います。お客様と親身になってその会社の問題に向き合い、改善をしていくお手伝いができる。なので、そこから実際に売上が拡大し、商店街にある一つの商店だったお店が全国区に名を轟かせるお店にまで成長したなんてこともあります。その時に、「あぁ、あの時お手伝いをさせてもらって良かったな」と心から思えます。

    ITコンサルは、会社によって提案内容が変わってくるので、一筋縄では行かないことも多いです。ですが、その創意工夫がやる気を感じられる職種だと思います。
    大変だとは思いますが、新しいお仕事頑張ってください。

ページ上部へ移動する