理学療法士を辞めたいです19view

専門学校を卒業してから地元のクリニックに勤めて3年ほどになります。
就職先は自宅から近くて通いやすく、給料が良いところを選びました。

私が勤めているクリニックは院長と院長婦人の他に、先輩が2人、ほぼ同期の人が1人の小さな整形クリニックです。
就職してから2年くらいは新しい仕事を覚えるのに精いっぱいで、自分で出来る限りのことはやって来たつもりです。
しかし最近では自分のしていることに疑問が積もる一方です。

院長は比較的穏やかな人柄で、患者様のことも考えて診察していると思います。しかし院長婦人は患者様の回復よりも経営を優先的に考えていています。リハビリの施術時間を短くして患者様の回転率を上げることが最優先です。
院長婦人はリハビリの治療内容にもアドバイスしてくれるのですが、的確な評価をして治療するよりも「患者様の希望に合わせて治療する」が最優先です。
クリニックも評判によって来院する人数が前後するので患者様からの評判を気にするのは理解できますが、理学療法の知識がほぼない院長婦人のアドバイスに全て従う気持ちにもなりません。
私は的確な評価をして、的確な治療を施すことで患者様が早く回復して、それが結果としてクリニックの評判に繋がるのが1番だと思っています。
しかし今のクリニックでは評価にかける時間も少なく、最低限の評価に加えて患者希望の治療がメインになっています。
なので結果的にマッサージやホットパック、干渉波などの物理療法が主になるのですが、それでは機能回復するとはとても思えません。
院長はこの状況をおおよそ把握していると思いますが、もちろん経営面も大切で、さらに院長婦人がクリニックの中では一番強いため誰も逆らうことが出来ません。

先輩の1人は給料が良いから働いていると言った感じで理学療法の内容に関してはあまり気にしていなくて、もう1人の先輩もリーダーシップがあるタイプの人柄ではなく、相談はしているのですが一緒に何かを変えていける感じではありません。
同期の人は私と同じような立場で、すでに他クリニックに転職を考えています。

私も一時期は他のクリニックに転職を考えたのですが、転職を考えた先のクリニックで働いている人も同じような問題に悩まされていて、クリニックを変えても解決しないのではという思いもあります。
また、私まで転職したら今このクリニックに通っている患者様は誰が面倒を見ていくのかという疑問も残ります。

そこで質問させて頂きたいのですが、他のクリニックでもこういった悩みはよくあることなのでしょうか?
その場合はどのように解決していますが?
もし他のクリニックでも同じなのであれば、理学療法士の仕事を続けていく気持ちはありません。
助けたいと思っているのに、無意味な治療に時間をかけてお金をもらうのはどうかと思うのです。
ご教授よろしくお願いいたします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. daikoku_9j 2018/06/17 1:00

    他の回答者様からもアドバイスがあるように、病院、クリニックでは同職種、多職種間での連携が非常に大切になります。連携していく上では、多職種がそれぞれ違った立場で違った目的をもって働くことを理解するところから始まります。病院内では看護師や介護士の人数が理学療法士に比べて多いことが多いので、理学療法を円滑に進めていく上では多職種の理学療法への理解が理学療法成功の鍵になってきます。
    まずは理学療法士同士でどのような方向性で治療を進めていきたいのかまとめてみてはいかがでしょうか?
    1人の意見として医師や院長婦人に投げかけるよりも、理学療法士全体の意見として投げかけた方が反映されやすいのではないかと思います。
    退職はさておき転職はその後考えても遅くないと思いますよ。

  2. osihara_r 2018/06/16 15:27

    理学療法士7年目のものです。
    理学療法に対して熱い思いがあるのに辞めてしまっては非常にもったいないと思います。それだけ患者さんの役に立ちたいという気持ちがあるのであれば、質問者様がチーム全体を引っ張っていく力もあると思います。
    どの病院にも連携を取りにくい人はいます。しかしそういった人も含めてどのようにチームをまとめていくかは、一緒にチームを組む人のコミュニケーション能力にかかっていると思います。

    私の職場は治療の考え方によって理学療法科が2つに分裂しています。しかし2つのチームがお互いに争っているわけでなく、違う考えを持って最善の理学療法を提供しようとしているからこそ2つに分かれています。話し合いになることもありますが、その時間で理学療法の治療内容がよく練られていると思います。

    院長婦人さんは経営面も考えているからこそ理学療法に時間をかけられないのかもしれませんが、クリニックとして地域の患者さんを助けるのであれば経営が成り立っていることもクリニックとして大切なポイントだと思います。
    院長婦人さんは院長婦人さんなりの患者さんに対する思いがあるかもしれません。
    院長婦人さんの意見によってクリニックがまとまらないと思うのではなく、理解し合うためにも院長婦人さんとも話してみるといいのではないでしょうか。

  3. vhmachaz 2018/06/15 13:23

    理学療法士と医師間の連携は上手く図れているでしょうか?
    クリニックの場合、医師が理学療法のことを理解してくれるのであれば、治療にかけられる時間も長くなると思います。
    しかし医師の専門分野にもよって理学療法に対しての理解はばらつきがあります。実際にデータを提示したり論文等で説明していくのもいいかと思います。
    もちろん他職種間での連携も大切ですが、医師と距離感を縮めて繰り返し理学療法の大切さを伝えていくことも大切かと思います。

  4. ooryouzi_19 2018/06/13 11:37

    理学療法士5年目で回復期病院に勤めています。
    病院の中で院長婦人が強いというのはよくある話だと思います。実際に私の病院でも院長婦人の意見が強くて若干厄介なことがよくあります。しかしうちの病院の場合は院長や看護師など多職種が理解して上手くバランスを保っているので、院長婦人の余波がダイレクトに患者さんに繋がりません。
    クリニックの場合トータルで働いている人の人数が少ない分、院長婦人の意見も通りやすいのではないかと思います。
    他のクリニックが全て質問者様のような状況になっているかどうかは分かりませんが、スタッフの総人数が少ない分、1人の意見が通りやすいのは事実だと思います。
    質問者様の気持ちもよく分かりますが、クリニック、病院に関わらず大切なことはチームワークだと思います。スタッフ間での連携の重要性は、クリニックでも病院でも変わらないと思います。

    問題の焦点が院長婦人になっているように受け取れますが、理学療法士間だけでなく、医師や看護師との連携も上手く取れていないのも問題なのではないでしょうか。
    先輩が頼りないことや、同期の人が去って行ってしまうかもしれない事実はクリニックを変えていくのにやりにくいかもしれませんが、今後去っていくか行かないかに関わらず現時点で状況を改善する必要性があるのではと思います。

    必ずしも先輩の意見に引っ張られていく必要性はないので、自分で率先してチームを引っ張っていってもいいのではないでしょうか。
    また、質問者様のクリニックに少なからず固定の患者さんが来ているということは、診察やリハビリによって身体的にだけでなく精神的にも救われている患者さんがいるからだと思いますよ。
    前向きに取り組んでいって下さいね。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する