自社案件のグラフィックデザイナーの仕事について33view

クライアントから発注される案件ではなく、自社案件だけを担当するグラフィックデザイナーは、自分の会社の指示に従えばよいため働きやすいのではないかと思うのですが、どうでしょうか?自社案件を担当しているグラフィックデザイナーさんのご意見をお聞かせください!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. 57hamazi 2018/06/07 5:15

    全国展開しているネットカフェのグラフィックデザイナーの仕事内容についてご紹介します。
    私の働いている会社では自社案件のものが多いので他社のグラフィックを担当する事がほとんどありません。
    理由は簡単ですが、自社が全国展開だけあってそっちで手がいっぱいで他社の案件をやっている余裕がないからです。たまに人手が足りず、逆に他社にお願いする事もあるくらいです。
    グラフィックデザイナーは寝れなくて大変なイメージもある方も居ますが、私のいる所では自社で使う物が多いので、いついつまでにこのポスターが欲しいやお店のPOPが欲しいなどの納期を早めに言ってくれる場合が多く、マイペースに仕事に望める事ができる環境ですし、デザインもお店でだいたい決まったビジュアルなのでデザインの大幅変更が少なく、とてもやり易いですし、自社のお店のイメージも分かるので他社の案件を請け負うグラフィックデザイナーよりかはとてもやり易い環境だと思います。

    グラフィックデザイナーなので色々な物を制作、デザインをする事になりますが主に取り組んでいる作業は、お店のPOPづくり、お店の前に立てかける看板、駅の看板、告知のポスター、ウェブ用のバナー、のぼり、Tシャツ、割引券、ポイントカード、ゲームのスコアを記録するカードなどなど多岐に渡って制作しています。
    また、印刷などでお金がかかる場合は会社で印刷、ラミネートの加工を行う事もあります。
    ものづくりが好きな方にはとても向いている職業だと思います。
    よく、グラフィックデザイナーは一日中パソコンに向き合っていると思われがちですが、実際の所、座りっぱのデスクワークです。
    ラミネートなどの加工作業が無い日はだいたい席に居ます。なのでお昼休憩は外にでて新鮮な空気を吸いに行きます。
    デスクにいるので電話対応もあります。デザインをやっている時にかかって来る電話は集中力が切れてしまうので少しめんどくさいですし、急がしいからかけてくるなと思ってしまいます。

    最後にグラフィックデザイナーは就職の時にいきなりなれるものではなく、ある程度大学や専門学校なのでIllustratorやPhotoshopなどの基礎知識を身につけて来た人達が選んでなれる職業です。もし、なりたいのであれば独学でも大学でも専門学校でもいいのでIllustratorとPhotoshopには触れておくことが大事になってきます。

    仕事内容はざっくりといえばこんな感じです。少しでもクラフィックデザイナーという職について知る事が出来たのならば幸いです。

ページ上部へ移動する