印刷会社の経理事務の仕事を教えて欲しいです。71view

建設会社の経理事務から、印刷会社の経理事務へ転職したいと思っています。
印刷会社の経理ならではの仕事は、どんなことがありますか?
転職前に知っておきたいので、教えていただけると助かります。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. simizuya 2018/06/06 14:49

    印刷会社の経理事務は、主に仕入先への支払と得意先からの入金確認が業務の中心となります。会社の規模により業務のボリュームは変わってくると思いますが、社員200名ほどで年商が50億円程度の会社に所属していたので、支払は月200件ほど、入金件数は月300件から繁忙期は500件ほどでした。

    支払については、仕入先から毎月到着する請求書と、納品書に差異がないか確認し、納品書が足りない場合は営業事務や生産管理、工場など他部署に確認を取り、全て揃った段階で支払の手続きをします。ほとんどがネットバンキングでの総合振込でしたが、1,000万円を超える支払などは支払手形を発行していました。
    売上については、ネットバンキングで入金情報を毎日ダウンロードし、発行した請求書の入金予定日をまとめたものと突合し、入金金額の間違いや漏れがないかを確認していました。もし入金予定日を過ぎても未入金の得意先については営業に連絡し、督促を行うよう促していました。こちらもほとんどが振込での入金ですが、やはり1,000万円以上の案件に関しては、売上手形であったり、入金日をわけての分割入金という形がありました。
    支払手形、売上手形に関しては、手形期日の管理も行っていました。前者は期日が来たら指定の銀行口座から自動でお金が落ちるので、資金繰りのため、正確に把握する必要がありました。後者についても、手形決済が行われ、該当口座に入金が行われているかの確認は必ず行っていました。
    上記の支払業務、入金業務に付随する業務として、会計ソフトへの入力があります。正しい決算書を作成するためには、毎日の取引を漏らさず入力し、銀行口座残高と現金残高と一致させておく必要があります。

    決算書作成の時期(決算期末から決算申告までの2ヶ月間)には決算仕訳や固定資産の確認など、デイリー業務以外の仕事が重なり、業務量がほぼ倍増します。
    逆に、支払・入金が少ない閑散期には、資料の入った倉庫の整理やファイリングなどをして業務時間を過ごしていました。
    また、他部署から得意先別の売上のグラフ作成を頼まれるなど、経理部署でしか把握できない情報についての資料作成が突発的な仕事として発生する可能性があります。
    印刷会社で自社工場を抱えている場合は、固定資産として機械類が多く計上されるのが特徴です。それらを新規購入した際や補助金を受けた際の仕訳については、経理部署の上長や時には役員、顧問税理士、会計士と相談しながら仕訳していくことが必要とされます。

    以上が印刷会社の経理事務の仕事内容です。印刷会社ならではの仕事もあるので、参考になれば幸いです。

ページ上部へ移動する