家電量販店の携帯電話担当者と、携帯ショップ店員の仕事の違い40view

携帯電話販売の仕事に興味があるのですが、家電量販店の携帯電話担当者と街で見かける携帯ショップ店員では仕事内容にどのような違いがあるのでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. aimono3492 2018/05/20 10:22

    家電量販店の携帯電話担当の仕事内容は携帯ショップ勤務と似ているようでかなり違ってきます。
    携帯ショップ勤務であれば該当の携帯会社のみを説明、販売できればオッケーですが家電量販店の携帯電話担当は取り扱いのある携帯会社の全てを説明、販売できる必要があります。
    なのでそれだけ知識が必要になりますしそれぞれの違いを理解してお客様ごとに適したものを提案することになります。

    具体的にはお客様がすでに携帯電話をお持ちで買い替えをされる場合であれば、現在の契約状況や利用頻度、必要な機能や家族構成などを確認・ヒアリングして携帯会社、買い替えされる機種、料金プラン、オプションサービスなどを提案し見積りを出してお客様が納得されれば契約…という流れになります。
    これがガラケーからスマートフォンに買い替えをされる、もしくは初めて携帯電話を持つといったお客様になるとお客様自身もどういうことができるのかを知らないためお客様の潜在需要を掘り出して最適な機種やプランを提案することになります。
    提案や見積りに対してお客様が納得されて契約になった場合、そこからさらに細かな内容の説明と契約申込みの受付に移ります。
    この際お客様のご本人様確認書類や毎月の料金の請求方法による必要書類、場合によっては家族関係確認書類などの提示をいただき契約条件を満たしていることが確認できれば契約に進めます。
    携帯電話会社をまたいでのMNP受付の場合は、お客様に電話かもしくは該当の携帯ショップへ行っていただきMNP予約番号の取得をしていただく必要があります。
    契約する携帯電話会社によって、申込み用紙を記入したいただく場合と専用のタブレットなどに必要情報を入力していく場合があります。
    その際契約にあたっての重要事項説明書を読み上げながら、お客様に案内し理解していただきます。
    全ての説明が終わり、記入もしくは入力が完了すると携帯電話会社側の審査を経て契約完了となります。
    契約が完了すると携帯電話の実機の開通テストを行い、契約内容の最終確認をした後商品をお渡しして販売の流れは完了になります。
    その他にも店頭の見本や価格表、キャンペーン内容の告知POPなどを作成、展示したり携帯電話の予約受付、発注業務、電話対応などもあります。
    そして配属部署にもよりますが携帯電話コーナーの業務以外にも家電販売や家電に関する電話対応、通常のレジ業務も兼務することになることが多いです。

    逆に携帯ショップでは契約後の契約内容の変更や修理対応などの業務もありますが、家電量販店の携帯電話コーナーではその対応はありません。
    もしそういった対応のお問い合わせがあった場合は、携帯ショップをご案内することになります。
    以上が家電量販店の携帯電話担当の仕事内容です。転職を考えている方の参考になれば幸いです。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する