大企業の子会社に属するSEのメリット・デメリット6view

システムエンジニアとしてシステム開発会社に4年勤務している27歳男性です。
結婚を考えるようになり安定した職場で働きたいという気持ちから転職を希望しています。
大企業の子会社で、その企業にまつわるシステムを担当するシステムエンジニアになれば安定した給料や福利厚生が得られるのではないかと考えているのですがどうでしょうか?大企業子会社に勤務するシステムエンジニアのメリットとデメリットを教えて下さい。お願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hakku_1092 2018/05/18 7:13

    私は大手保険会社のシステム子会社でシステムエンジニアをしております。この仕事をしていくメリット・デメリットを3点ずつ紹介していきます。

    メリットの1つめは、福利厚生の充実度です。
    大手保険会社の子会社ということで、IT企業では珍しく福利厚生は充実しています。住宅補助や夏季休暇等はもちろん、勤続年数に応じた報奨金や休暇、情報処理試験に合格した際の報奨金等ももらうことが出来ます。また、社内のサークル活動もあり、その活動には会社からの補助金も出ています。運動関連のサークルもありますので、運動不足になりがりなシステムエンジニアには、とても有難いです。また、社内の人脈を築くのにも社内サークルは役に立っています。

    メリットの2つめは、安定した職場環境です。
    会社の売り上げのうち、80%は親会社からの仕事で賄われています。毎年、安定して仕事があるため、赤字になってしまうことは滅多なことが無い限りありません。過去に収支が赤字となったのは、重大な本番障害を起こしてしまい、その賠償金を親会社に支払ったときに赤字になったと聞いています。ただ、翌年には正常の利益を出しており、現在も黒字が続いています。

    メリットの3つめは、各開発工程を一通り実施できる点です。
    親会社とは言うものの、現場では対等な立場で開発をしています。そのため、要件定義から携わっており、システム設計や製造、テスト工程と一通りの開発経験を積むことが出来ます。特に製造については、新人の時に触れる程度で、基本的には協力会社の方たちに投げています。そのため、年次が上がれば上がるほど、仕様調整や設計といった上流工程がメインの仕事になってきます。もちろん、下流工程を希望すれば、下流工程を担当し続けることも可能です。

    デメリットの1つめは、ベアがなかなか起こらないことです。
    春闘を行っても、親会社が許可を出さないとベアを行うことが出来ません。弊社には、決定権が少ないです。そのため、物価上昇や消費税増税に伴った賃金の変動は、かなり鈍いです。基本給が低めである代わりに、福利厚生を充実させることで、社員の不満を緩和させているような状況です。

    デメリットの2つめは、IT業界内の転職のしにくさです。
    保険業界は、基本的に古い言語(COBOL)を使用していることが多いです。ただ、その言語は今では金融系でしか使用していません。そのため、転職したいと思っても、使用している言語の壁でどうしても選択肢は狭まってしまいます。

    デメリットの3つめは、忙しさに波があることです。
    開発は大抵の案件は半年以上の開発時間をかけてリリースをします。ただ、保険商品は、国にリリース時期を宣言して、法律の則り、国の許可を得ています。そのため、1度確定してしまったリリース時期をずらすことが大変困難です。どれだけプロジェクトがつまずいてしまっても、リリース日前日までには品質を担保しなければなりません。そのため、大規模プロジェクトに携わると、基本的に1年中忙しくなります。ただ、リリース直後は要件・仕様調整がメインとなります。そのため、比較的時間にゆとりがあります。また、スケジュールによって月レベルで忙しさが異なってきます。

    最後に大手企業の子会社は、IT業界の中でも安定志向の方にはとても最適な環境だと思います。ただ、上昇志向の強い方だと物足りなさがあるかもしれません。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する