海外不動産投資会社の仕事について詳しく知りたい43view

海外不動産投資会社に興味がありますが、周りにこの業界で働いている者がいないので生の声を聞くことができません。
海外不動産投資会社で働いている方の仕事内容を教えて下さい。特にプロジェクトマネージャーの方のお話が聞けると嬉しいです。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. mcminetoku 2018/05/13 16:16

    私はニュージーランド現地の不動産投資会社のプロジェクトマネージャーをしています。不動産投資と言っても非常に多岐にわたる業界なので、わかりやすく言うとニュージーランド不動産投資業界は大きく2つに分けられます。
    1つ目は機関投資家や政府が介入する大規模プロジェクト開発投資、2つ目は個人投資家や国内外富裕層向けのリアルエステイト(不動産)投資に分けられます。
    私は2つ目の不動産投資の会社で働いていました。

    不動産投資会社のはどうやって稼いでいるのか。簡単に言うと、投資から預かったお金で不動産を購入し一定期間の間に何かしらの付加価値を付けて売却、管理することで生まれる利益の何割かをマージンとして頂くことで稼いでいます。
    大きく分けると1、中古物件のリノベーション→オークション売却or賃貸運営 2、土地分割→新築→オークション売却or賃貸運営 3、ランドバンキングの3つに分けられます。
    以下詳しくお説明いたします。

    1、中古物件のリノベーション→オークション売却or賃貸運営
    このスタイルの場合、基本的に物件の購入、売却はオークションになります。理由は価格がマーケットと連動して変動するので、エリアをしっかりと見極めれば確実に利益を生むことが出来るからです。ただこの方法で気を付けなければいけないのは、購入した物件に予想以上の瑕疵があったり、エリア分析が不十分で周辺の住宅価格が下落してしまうリスクがあるところです。

    2、土地分割→新築→オークション売却or賃貸運営
    ニュージーランドは文化的に土地面積が広い住宅が多く、近年になって住宅供給が間に合わなくなってきた都市部では今までよりも土地分割の規制が緩和されました。その流れに乗り、広大な土地を分割し、そこに法令で建てれる一杯の新築住宅を建てるビジネスが非常に盛んになってきました。
    新築住宅は設計の自由度も高く、買い手や借り手も付きやすく、中古物件よりも人気が高いことから数年前よりも圧倒的にこちらのモデルが主流になってきています。

    3、ランドバンキング
    こちらは直訳すると土地貯金。即ち、まだ誰も手を付けていない僻地の土地を購入し、数年後開発が伸びてくろことによる土地価格の上昇でのキャピタルゲインを狙う手法です。近年、人口も増え政府が都市部から遠い農村部への開発延長を発表したことで、爆発的に増加しています。
    ただこちらの手法も利益が出るまでの期間が長いこと、開発が中止になるリスクがあり、まだ浸透していませんが今後期待できる投資方法です。

    これが不動産投資会社の実際の業務の概要になります。
    ニュージーランドではキャピタルゲインに対しての課税がなく、不動産への投資が非常に盛んです。また不動産価値も年々上昇し、政府が価格をある程度貯制する機能をはたしているため、他国よりもインフレのリスクも低いと言われています。この回答を読んで少しでも海外不動産投資へ興味を持っていただければ幸いです。

ページ上部へ移動する