調理師のあるある話を教えて下さい!10view

調理師になり、飲食店に勤務するのが夢です。調理師ならではのあるある話を教えて下さい!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. sagaz_1v 2018/04/17 13:59

    ・調理師になりたての頃、包丁握るのに慣れなくて指に豆ができまくる。
    おそらく調理師は大抵の人が体験していると思うことですが、新人の頃慣れない包丁でずっと切りものをしていると豆ができては潰れての繰り返しを経験します。慣れてくると自然とできなくなります。

    ・コックコートが油でベトベトになる
    特に天ぷらなどの揚げものを担当をしている方は可哀そうなぐらい油まみれになります。おまけに油臭い。
    唯一のメリットとしては皮膚が油でコーティングされ、乾燥に強くなることです。

    ・仕事中は体育会系ノリになる
    上下関係も厳しいので、体罰や暴力で訴えかけてきます。
    基本的に上司の言うことは絶対で上司がYESと言えばYESになるという環境に立たされます。

    ・家では料理しない
    これはいろんなところで言われてるのでわかる方もいると思いますが、調理師は基本的に家で料理しません。
    なぜなら毎日仕事として料理作っているのにタダ働きで料理作りたくないからです。

    ・まかないの制度があるので食費に困らなくなる
    調理師はもちろん料理に関する仕事なので休憩中は自分たちが作ったまかないを食べます。
    一般のサラリーマンの方々は毎日お弁当やパンを買うと思いますが、調理師はまかないがあるので食費がいらないです。
    良いところだと一日2食まかないを出してくれるお店もあります。

    ・夏場の厨房はサウナ
    厨房ではもちろん火やオーブン、フライヤーなどを使うので室温の上昇がものすごいです。
    冬場だと程よく温かいですが、夏場になると40度を超えるのが普通という状態になっています。
    最近では涼しい厨房という厨房があるらしいですが、まだまだ普及率は低く毎年サウナ状態の厨房に苦しめられています。

    ・手が熱いものにに慣れすぎて熱く感じなくなる
    毎日火傷や熱いものを触っていると手や指の皮が分厚くなり、熱く感じにくくなります。

    ・拘束時間が長すぎる
    サービス業はだいたい当てはまりますが拘束時間が長いです。一日12時間以上は当たり前の世界です。
    ニュースでよく労働時間300時間超えた!って見ますが、基本的に300時間ぐらいの労働は普通です。

    ・職場に保健所の人が急に来て焦りだす
    普段日ごろから衛生面や安全には心がけていますが、保健所の人が来た瞬間みんな焦ります。
    やましいことは何もしてないですが、検査に引っ掛かりたくないから必死で消毒します。

    まだまだありますが、以上のように調理師には調理師なりのあるあるがあります。
    ネガティブなことだけではなくちょっぴり笑えるようなこともあり、日々仲間とあるあるを共有しあっています。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する