食品製造業作業員のメリット・デメリットは?203view

人と接する仕事よりも、自分一人でこつこつと仕事ができる方が好きです。次第に食品製造業作業員へ転職したいと思うようになりました。
そこで、疑問があるのですが、食品製造業作業員になるとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. nagasio 2018/04/16 13:18

    まず、食品製造業と聞いて思い浮かぶメーカーはたくさんあることと思います。その、思い浮かぶメーカーのどこであれ食品である以上はユーザーの口に入るもの。絶対の安全が必要になります。ニュースでは虫などの異物混入や偽装なのが騒がれることはありますが、基本的に食の安全はゆらいではいけないものになります。

    そこでまず食品製造業で働くメリットとしてあげたいのが、職場のクリーンさになります。
    常に手洗い、職場では掃除が徹底され異物を持ち込まないようエアシャワーなどの方法も取られると思います。現業系と呼ばれる工事現場などで働く環境からすると、まさに雲泥の差となります。深呼吸しても有害な物質や粉じんがあることもないので、健康を害する心配がありません。

    次のメリットとしてはメーカーにもよりますが、自社製品を割安で購入できたり、昼食時食堂で無料で食べれたりします。
    こちらは出荷出来ないが工場内で食べられるもの。という特殊なパターンもあるかもしれませんが、基本的にはお金を出して購入するものを定価以下で入手出来るのはメリット以外のなにものでもないと思います。

    更にメリットともデメリットとも言えるのが、作業がシンプルであることです。
    こちらもメーカーによりますが、今はほとんどの会社で機械を導入しオートメーション化がすすんでおり人間が行う作業はどんどんシンプルになっています。これはメリットではあるのですが、同時にやりがいも奪いかねないのでデメリットと言えると思います。

    デメリットを挙げていくと、まずは制服など作業環境が窮屈なことが挙げられます。
    食品に異物を混入させないため、制服は毛が外に出ないよう長袖と帽子やヘアネットを徹底させられると思います。また、密閉した空間で製作する工場では外の天気・日照状況が確認出来ないため心身ともに負担を感じる方も出るかもしれません。

    次にデメリットとしては、作業がシンプルなため社員(自分)の質が落ちることが挙げられます。
    デスクワークなど程遠く、ひたすら毎日同じ作業を繰り返し行うため変化が生まれず頭を使う機会が減り自身の質が落ちる恐れがあります。また、単純作業に就く周りの人間も毎日工夫もなく過ごしている人間性のため向上性に欠ける場合があります。そんな職場環境と人間関係に埋もれると自身の向上心も奪われ自身の質が減ります。

    以上が私が感じたメリットとデメリットでした。
    安定が過ぎるのも考えものかもしれません。

ページ上部へ移動する