美容師ならではの良い点、嫌な点は?89view

美容師になり、美容院で働くようになると、どんなメリットや良いことがありますか?また、逆にデメリットや嫌なことはあるのでしょうか?美容師なるのが夢なので、何でも知っておきたいです。教えて下さい。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. ninobe_v 2018/03/26 10:29

    職業が美容師と言うとオシャレ、華やか、激務など様々なイメージが挙げられると思います。実際に私も働く前までは一般の方と同じようなイメージを持っていました。そこで今回は実際に美容師を3年間、計3店舗を経験し感じたメリット・デメリットについてお話します。

    まずはメリットに関してです。これは美容師個人で変わってくるかと思いますが、私が一番いいなと思っていた事は色んな職種、色んな年齢層の方々の話が聞けるということです。元々話すことが好きで、一日中話せる仕事とか幸せだなと思い美容師を始めたのですが、働いていた美容室が駅ビルにあった為、一期一会ではありますが県外の方も多く来店されていました。県外の方の話を聞くことで自分の県の良さ、年配の方の話を聞くことで自分のこの先の経験に生かせたり、さらには自分の悩みを聞いてもらったりなど、他の職業では出会えない客層の方と毎日のように話し、情報収集ができるという魅力があります。話すことが好きで色んな人と話してみたい、色んな知識や経験談を取り入れたいという方には技術職ではありますが是非ともおすすめしたいなと思います。

    続いてはデメリットに関してです。一般的に思われている給料が安いにも関わらず拘束時間が長い、確かにこの点はデメリットになります。朝7時から朝練→営業→営業終了後は深夜2時まで練習、自分は練習しない日でも何となく帰れない雰囲気があるので練習する・・・このような美容室があるのは確かです。しかし、実際にはお店や経営者、任されている店長やオーナーの考え方次第なところが多いです。私はどちらも経験しましたが、私の経験と美容師仲間から聞いた話だけでお話すると個人経営で尚且つオーナーさんが年配よりだと給料と割に合わない所が多いと思います。実際私も最後のお客様とオーナーが話していて営業終了しても終礼が行えないので帰れず、その後の約束時間に間に合わなかったり、成人式で5時出勤したにも関わらず営業終了しても帰れず23時・・・なんて事は多かったです。その美容室は勤務時間とお給料の計算をしたら時給500円を切っていたのですぐに辞めました。反対に20代後半や30代前半でお店を出した方の店舗は練習する時はする、気分が乗らない時はやっても時間の無駄なので帰る、とON/OFFがはっきりしていて私個人にはとても合っているお店でした。オーナーさんも個人の力を認めてくれ、相談にも乗ってくれる素晴らしく尊敬もできる方でした。

    今回お話したメリット・デメリットはごく一部であり、他にもオシャレなお客様が多く、目が慣れてしまい自分の相手選びに苦戦する・・・などなど話し出したらきりがありません。そして、今回話したデメリットは「お店と経営者による」という曖昧なものになってしまいましたが、実際にはメリット・デメリットに関しても個人個人で感じ方は違うと思いますので、美容師を検討する方はまずは実際に働いてみて、合わないなと思ったら自分が苦しくなる前に辞めてしまうことをおすすめします。なぜなら美容室は今やコンビニよりも多いのです。自分に合う美容室、オーナーさん、必ずいると思います。時間はかかっても自分の力を発揮できる、認めてくれるお店やオーナー、仲間の元で働き、美容師免許取ったにも関わらず美容師をすぐに辞める方の一人にならないでほしいです。そして美容業界のイメージ、地位が良くなっていくと嬉しいです。

  2. tamane 2018/03/25 7:57

    美容師の仕事でのメリットや良い点は、まず国家資格が持てることです。資格も比較的取りやすいと思います。最近ではアイリストも人気の職業ですが、こちらも美容師免許が必要なのでとにかく美容に関する仕事をしたいのならば、美容師免許を持っていると良い点が多いです。

    2つ目のメリットは美容が好きで人と接することが好きならば、最高の仕事だということです。
    お客様と会話もできますし、人を綺麗に変身させて喜んでもらえます。時には自分の人生を変えてしまうほど、ハッとする嬉しい言葉をもらえることもあります。
    たくさんの人と知り合うことができ、美容師とお客様の枠を越えて、友達や恋人になることも多いと思います。
    美容が好きという観点からは、常に美容情報を把握できるということは最高の環境だと思います。美容業界ではセミナーなども頻繁に行われているので、新しい情報も入りますし、職場の同僚からも、自分が知らなかった情報を得ることができます。

    3つ目のメリットはお客様から得ることも多いということです。
    美容に関することはもちろん、実際に働くまで、こんなに差し入れが多いとは思ってもいなかったです。誕生日や退社する際にはプレゼントやお手紙を頂くこともありました。

    その他のメリットとしては、無料、もしくは低額で美容施術を受けられることです。
    お金をかけずに綺麗になれるなんて、最高です。

    次にデメリットや大変なことですが、接客をしている以上、お客様からのクレームは否めません。
    対応が悪ければ、失客にも繋がりますし、悪い噂が広がってしまうかもしれません。
    たとえこちらに非がない場合でもクレームを受けることがあります。
    また、美容師ですから技術に関してもクレームはあります。一生懸命作り上げたものをまた一からやり直さないとならない時には心が砕かれます。

    2つ目のデメリットは労働環境です。
    休みは基本的に週に1日でセミナーで潰れる場合も多いです。もちろんそうでない会社もあると思いますが、撮影会や練習会も休みの日にすることが多いです。
    また普段も朝練、営業後の練習や会議、モデルハントを行う美容室もあります。残業代などは基本的にもらえません。数万円もらえれば良い方です。
    美容師の給料、年収ははっきり言って低いです。賞与があると言っても、お小遣い程度でしょう。その上社会保険に入れない美容室が多いので、実際に働いてみないとわからないこともあります。

    私が実際に働いていて感じたデメリットは、事務的な仕事も多いということです。入社したてのころは雑務ばかりで、こんなことをするために美容師になったんじゃないと日々感じていました。
    そして体力も十分にないと続かない仕事だと思いました。肩凝り、腰痛、手荒れ、気疲れはほとんどの美容師が経験していると思います。
    それ以外のことでも、同僚から酷いイジメを受けることもあるようです。
    具体的に聞いたことのある話では、シャンプーの練習中に熱湯をかけられたというもので、ゾッとしました。

    メリットとデメリット、それぞれありますが、美容師を続けられる人はどんな仕事でもできる人だと誇りに思っています。

ページ上部へ移動する