ネット広告代理店業界で女性は働きやすい?理想とのギャップはある?106view

ネット広告代理店に転職を考えている26歳女性です。IT業界は若い方が多く、華やかな印象がありますが、女性が働く環境としては整っているのでしょうか。女性は働きやすいですか?また、働いてみて気づいた理想とのギャップがあれば教えて下さい。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. takamagari 2018/03/25 14:49

    IT業界で、WEBに関する広告代理店業をしております。
    一昔前はWEB広告というと、純広告がメインだったかと思います。その次にアフィリエイトが出てきて、CPAを合わせるために、いろいろなメニューを組み合わせるようになりました。
    それが主流になっていき、今の「運用型広告」が出てきました。
    運用型広告は、リスティング広告や、フェイスブック広告、ツイッター広告、リッチ広告などを組み合わせて、クライアントのKPI、KGIを達成するために様々な運用をして着地を合わせることを言います。
    クライアントのニーズに合わせて、様々な最新広告メニューを取り入れ、世間の主流をリサーチして提案していきます。
    大変なのはもちろんですが、世間の最先端の情報をキャッチして、時代に乗り遅れない新鮮さがありました。さらに、最新のIT技術に触れていることで、世間から取り残されない安心感もありました。
    常に新しいの新しいもので、時代の流れがどの業種よりも早く、常にどんなことをしていても情報集めが重要となり、自然と仕事中心の生活になっていきます。
    それも全然嫌な感じはせず、キャリアウーマンになったような気分で仕事ができます。
    自分が動けば動くだけ、周りからも感謝されて、やりがいがある仕事です。

    しかし、ある程度仕事をしていると、産休がとれるのか、老後はどうしようかなど悩みが出てきます。
    IT業界が常にキラキラしていて時代の最先端にいるのはもちろんですが、それは現場の平均年齢がどんどん若くなっているからなのです。
    どんなに仕事ができる人でも、現場に残ってる年齢の高い方がなかなかいません。時代の最先端をキャッチするのはなかなか若さがないと大変になってきます。
    また、ITの企業は渋谷や新宿など、若者の街に集まっているイメージがあります。
    そして、女性特有ですが、産休、育休をとって戻ってきたときに、自分の知識が古くなっていることが怖くて、なかなか休むことができません。
    自分で選択したのならまだしも、産休が実質とれない企業が多いのも正直なところです。
    IT企業は圧倒的に残業時間が多いのが事実です。
    成果を残した分だけ評価されるのがいいところですが、そのゆえ、残業して頑張ってしまう人が増えてしまいます。
    自らの意志ではなく、周りが残ってるからと残ってしまう人もいるくらいです。みなし残業、裁量労働など、残業させる仕組みがしっかりありすぎるのも問題ですね。
    トレンドを常にキャッチしないといけないので、産休をとるであろう女性はなかなか昇格できないというのも現実です。
    仕事は非常に楽しいしやりがいがありますが、将来の不安が大きいのもこの業界の特徴です。

ページ上部へ移動する