税理士補助がキャリアアップ、スキルアップするには?216view

税理士・会計事務所の税理士補助として勤務することになりました。
キャリアアップ、スキルアップしていくには、どうすればよいでしょうか?また、取っておいた方が良い資格はありますか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. oonota 2018/03/21 23:48

    私の税理士・会計事務所では、お客さんの領収書をまとめ、それを会計ソフトでデータ入力します。
    また、お客様の税に関する相談や節税対策のご相談も私たちの仕事です。

    税理士事務所や会計事務所で働く方は、基本的に日商簿記2級以上の資格を取得している方が多いです。
    その理由は、知識がとても専門的な分野なので、2級程度の知識がないと業務をこなすのが難しいからです。
    でも、逆に言えば日商2級の資格を獲得できれば、普段使う会計処理は理解できるので、税理士事務所・会計事務所での仕事や会社の経理の担当にもなれるスキルはあると認められるでしょう。

    また、事務所によっては、資格手当などもありますので、様々な資格取得に向けてスキルアップできる場でもあります。

    税理士試験はとても難しく、大学卒業などの条件の他に、更に会計科目と税法科目を計5科目取得しなければなりません。
    会計科目と税法によっては、合格率は10%を満たない年もあります。
    そのせいなのか、税理士の平均年齢は、60歳を超えるといわれています。一般の企業や公務員だと定年退職も近い年齢ですよね。

    それだけ大変な資格ではありますが、ひとつでも合格すれば、その分野に関してはどこにいっても通用する専門知識であり、とても価値あるものです。
    仮に資格取得に失敗しても、1年かけて勉強するような内容ですので、ちゃんと勉強していれば絶対に無駄にはなりませんし、間違いなくその分野に関しては、一般的な中小企業の経理担当の人より詳しくなるでしょう。

    また、税理士になることはできなくても稼ぎのある人はたくさんいます。

    それだけ日頃の業務では、専門知識を求められるので、どちらかというと勉強せざるを得ないという印象です。
    なので、会計事務所や税理士事務所で何年か働いている人は、資格がなくても専門的な知識と経理のアドバイスができるまでの実力が備わっていても不思議ではありません。

    実際に私の先輩でも、帳簿を管理している企業のお客さまに気に入られて、いまより良い給料をだすので、うちの経理を担当してくれないかという誘いもあったとのことです。
    この業界では、良くある話みたいです。

    事務所さんによって、担当しているお客様の業種や巡回するペース、業務内容が変わってくるので税理士・会計事務所を考えている方は、よくホームページなどでチェックしてから面接、相談に行かれた方が良いと思います。
    いずれにせよ、普段の仕事では、自分のスキルアップにつながるような内容やキャリアアップにつながるお話などもかなりあります。

    興味のある方はぜひ税理士・会計事務所に就職を考えてみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ移動する