総合保険代理店テレマーケティング営業の仕事内容を教えて下さい!91view

保険外交員として働いた経験を活かして、総合保険代理店に転職をしたいと思っています。そこでは、営業をテレマーケティングで行っているということなのですが、総合保険代理店のテレマーケティング営業の仕事とは、どんな仕事をするのでしょうか?今まで電話で営業をしたことがないので実感がわきません。仕事のエピソードを教えていただけると助かります。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. uraba_ec 2018/03/26 10:35

    保険のテレマ営業(テレマーケティング営業)というと、どうしても数字が全て。電話しまくる。
    そんな印象があるかもしれないですが、実はそうでもないです。なぜかと言うと、テレマ営業はその会社の業務の入口的なモノであるので、そこから人事関係や企画部や管理部に進路が分かれていくので、テレマ営業だからといって、ずっと営業をしている訳ではありません。
    もちろん、営業部で営業マンとして頑張っていく道もありますし、責任者になって部署を運営していく道もあります。
    ただ当然、一番稼げるのは営業部ですのでそこで頑張る人の割合が多いです。
    なので、今回は営業部の仕事、その中でも営業マン・プレイヤーについてご紹介します。

    営業部にはまず大きく分けて2つの予算があり、それを追っていきます。
    プレイヤーとしての場合の個人予算と、責任者としての部署の予算です。予算はANPという単位で作られ、1ANP=約1000円/月保険料です。
    今回の話は営業マンの事なので個人予算は平均70ANPなので、医療保険なら大体1件7-8ANPが平均です。なので、月間10件前後獲得していく必要になります。それを2-3ヶ月続ければ給料は下がりませんし、逆に150-250ANPを獲得していけばお給料は上がりますし、歩合も付きます。ただ、保険の営業はテレマであってもコンプライアンスが厳しく、申込みとなった場合、最後にまとめで重要事項等を再度お客様につたえますが、その際は会話を録音させてもらうので、嘘や誇張、お客様に不利益な事項を隠すとかで契約を取る事は許されません。もしその様な行為をして契約を取っても、不適=不適切な案内。という事でそれは歩合等に反映されないばかりか、場合によっては減給処罰を受けるので、何の意味もありません。
    ですので、保険のテレマ営業は正々堂々、真っ向から正しい営業をする必要がありますので、ここで強くなれば本物だと言えます。
    時にお客様との話が熱くなり、トラブル等もありますが、逆に総合代理店の強みを活かし、既往症等で保険になかなか入れなかった人に、案内出来る保険を見つけて紹介して感謝されたり、保険はいらないと思ってた人が自分と話していく内に、最終的には保険の必要性を感じてくれて目から鱗が落ちたと言ってくれたりして感謝される事も非常に多く、また喜びも大きい仕事です。特に、長期で案内してるお客様が途中でガンにかかってしまい、そのお客様がガンセンターに行く際に自分が送ったパンフレットをお守りとして持って言ってくれた事は今でも忘れられません。今の会社で、そういった様々な出会いを繰り返しながら営業マンとして頑張らせて頂き、色んな経験をさせてもらいました。
    営業マン時代に、数字も最初は70ANPが平均でしたが、段々伸びて最終的には250-300ANP平均まで出来るようになりました。

    また、感謝されると同時にトップ営業マンになるとライバルとの戦いも楽しめます。特に忘れられない戦いは、部署移動して、その先で最初苦戦した事です。
    幾つかの部署でトップ営業マンとしてがんばらせてもらい、どこも厳しい状況の中でトップを張らせてもらってました。
    ただ、ある部署に移動した時、今までの部署とお客様層が若干違い、なかなか上手くいかなかったのです。
    それまでトップで、しかも厳しいと周りから言われる部署で頑張ってきて、会社内ではかなり有名なプレイヤーになっていました。
    その自分が最初その部署に来た時は、遂にあの人がウチの部署に来た。ヤバイな。という感じでしたが、なかなか取れない姿を見て、あの人も本当は大した事ないなと思われました。しかも、その部署にいるプレイヤーでもの凄く強い人がいたのです。その人には到底勝てませんでした。そんな中でも数ヵ月頑張りましたが、中々思うように数字が上がらず半ば諦めました。自分はもう中堅の営業マンでいいか。と。
    ただ、そこで思いました。待てよ。自分がこの部署で出来ないという事は、それまで一緒に頑張ってきた、大変な部署で一緒に数字を上げてきた仲間達も大した事ないと見られてしまう。
    そんな事は耐えられない。やるんだ。勝つしかない。
    そこからもう一度自分の営業を見つめ直し、その部署のお客様層に合うトークを練り直し、当時のその部署の最強プレイヤーに戦いを挑みました。周りの予想はどうせ勝てないというものでした。
    実際その月もそのプレイヤーは強く、ドンドン数字を上げ、月中にはかなり数字の差が開いていました。ただ、今まで支えてくれてきた仲間の為にも絶対に負けられなかったので、そこから猛追しました。
    その結果。その月の最終日。部署の予算は達成してました。ただ、自分とその人との一騎討ち。もうお互い、差はほとんどありませんでした。というよりも、自分が数字上げたら相手も上げる。相手が上げたら自分も上げる。お互い抜きつ抜かれつの、正に数字での殴り合い。もうこの一件で自分の勝ちだ。倒れろ。と、思いきや倒れません。数字でのパンチを繰り出してきました。けれど、自分も倒れません。相手に数字でのパンチを出して。その繰返し。どこまでいくのか周りも分からない位お互い数字を上げて続けました。そして、最終最後の時間で自分が繰り出した数字のパンチで遂に、その最強のプレイヤーに勝つ事が出来ました。その瞬間、それまでの想いが報われ本当にとても嬉しかったのと、そこまで頑張らせてもらったライバルに本当に感謝しました。
    戦いの話は本当に泥臭いかもしれませんでしたが、先に話したお客様からの感謝。そして、頑張って勝利する事の喜び。何より、嘘をつかず正々堂々としたやり方で頑張れる。保険の営業はそんな素敵なお仕事です。

ページ上部へ移動する