転職希望者から「この会社はブラック企業か?」と聞かれたときの返答238view

現在、キャリアアドバイザーに転職するかどうかを検討している者です。
キャリアアドバイザーの仕事内容はある程度調べて、「求職者を転職させればお金が貰える」というお金の仕組みということは分かりました。
なので、キャリアアドバイザーは一人でも多くの人を転職させれば、その分売り上げも沢山上がる仕組みだと思いますが、そこで一つ気になることがあります。

求職者の人から、キャリアアドバイザーが紹介した求人に対して「この会社ってブラック企業ですか?」って聞かれたら、キャリアアドバイザーはなんと返答するのでしょうか?
もちろん、表面的には「事実をしっかりと伝える」とか色々とありますが、実際のキャリアアドバイザーがどんな感じで伝えているのかを知りたいです。
嘘やごまかしを言っているのか、本当のことを言うのかなどを教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. mizuide 2018/03/24 11:50

    私自身もキャリアアドバイザーとして仕事をしており、また同僚のキャリアアドバイザーがどんな仕事をしていたのかも知っている者です。
    私自身は候補者から「この会社ってブラック企業ですか?」と聞かれれば、嘘を言わずに事実を伝えるようにしていました。
    例えば、嘘をついて入社をさせたとしても、その後退職したり、トラブルになったりするととても面倒なことになってしまうので、事実を伝えています。

    他の多くのキャリアアドバイザーも同じ意見だとは思いますが、中には嘘をついているキャリアアドバイザーも職場にはいました。
    特に内定が出た後のフェーズでは、「どれだけ上手く言えるのか」が重要だったりするので、全く異なる虚偽の内容を言わなくても、そのように思わせる人は少なからずいました。

    結局のところ、これはそのキャリアアドバイザーがどのように仕事をしたいのかによると思います。
    営業マンのように自分の数字を達成することがマナーと捉えるような人もいますし、目の前の誰かの為に役立つようにしたいという人もいます。
    キャリアアドバイザーが候補者と話すときは基本的には個室のカウンセリングブースと呼ばれる場所で話しますので、どんな内容を話すのかは最終的にはキャリアアドバイザー自身の裁量に委ねられています。
    質問者さんがどんなキャリアアドバイザーになりたいのか?
    その自分の理想通りのキャリアアドバイザーになれるように頑張ってください。

  2. onada 2018/03/21 23:51

    転職希望者から「この会社ってブラック企業ですか?」と聞かれた場合ですが、私はありのままにその会社のことを伝えています。
    「この会社はこういう特徴があり、こういう理由からインターネットではブラック企業と呼ばれていることもありますが、実際にはこうです。」という具合に伝えています。

    結局のところ、ブラック企業かどうかを判断するのは人それぞれですし、求職者が「この会社ってブラック企業?」と聞くのはその会社のことを詳しく知ることができていない、考えられていないだけでしかありません。
    なので、その会社のことをありのままに伝えた上で、求職者に対して「あなたはこの会社をブラック企業だと思いますか?」と問いかけています。
    ほとんどの人はインターネットの口コミで「ブラック企業」や「ホワイト企業」と書いているから、そう判断しているだけで、自分の頭では何も考えられていない人が多いのです。
    なので、求職者には自分の頭でしっかりとその会社が「ブラック企業」なのか「ホワイト企業」なのかを判断するようにアドバイスをしています。

    また、インターネットの口コミの場合、昔悪かった会社が良くなっていてもブラック企業と言われている企業は結構多いのです。
    特にある程度規模が大きくなったベンチャー企業などの場合には、その傾向は顕著です。
    まだまだ小さいベンチャーだったときだと忙しかったり、年収も低かったりしますので、インターネットの口コミでは「ブラック企業」と叩かれているケースが多いのですが、その会社が成長して、ある程度大きくなると就業環境が改善する場合があります。そのような場合でも、インターネットの口コミには昔の悪かったときの状況が消えずに残っている場合があります。
    このような状況もしっかりと説明をした上で、あとは求職者に判断を委ねるようにしています。

  3. dlsiragasawa 2018/03/20 23:56

    私は現在キャリアアドバイザーをしており、この間も候補者から「この会社ってブラック企業ですか?」と聞かれました。
    その際に、私は知っていればありのままを伝えますが、知らなければ調べてから伝えるようにしています。

    質問者さんは、キャリアアドバイザーが「嘘をついて転職をさせようとしている」と思っているのかもしれませんが、そんなキャリアアドバイザーはそこまで多くはありません。
    なぜなら、そんなブラックな会社の求人だけを紹介するのではなく、他の優良企業の求人を紹介すれば良いだけだからです。

    確かに実際にキャリアアドバイザーは求職者を転職させてお金を貰っています。
    その中には当然ブラック企業もありますので、ブラック企業に転職をさせてお金を貰っているとも言えます。
    ですが、求人の中にはブラック企業だけでなく、ホワイト企業も当然あるのです。
    そして、ホワイト企業へ転職を成功させても当然お金を貰える訳ですから、あえて嘘をついてブラック企業に転職をさせる必要はありません。
    しかも、転職を成功させても入社後3ヶ月以内に退職などとなってしまうと、その転職成功した時に貰ったお金を返還しないといけない制度もあるのです。
    このような事から、あえてキャリアアドバイザーが嘘をついてブラック企業に入社させる必要はありません。

    ちなみに、私が候補者から「この会社ってブラック企業ですか?」と聞かれた場合、実際にブラックであれば「具体的にこういうところがあり、この点がブラックと言われる人もいる」と伝えています。
    なぜならば、人によってブラックかどうかの基準は異なるので、その点を配慮して伝えるようにしています。例えば、残業が40時間だと「とても多い」と感じる人もいれば「たった40時間しかないの?」と逆に少ないと感じる人もいます。

    もし、質問者さんがキャリアアドバイザーになるのであれば、その相談者の人が何をもって「ブラック企業と言っているのか?」までヒアリングしてくださいね。

ページ上部へ移動する