百貨店のレジ係は大変?忙しい?186view

私が転職先に考えている百貨店では、各フロアにレジがあり、レジ係がいて様々なお店のレジを一手に引き受ける形を取っているそうです。レジ係に配属されることもあるため、百貨店レジ係の大変な事、忙しい事など経験者の体験談を知りたいです。教えて下さい。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. 65tomobe 2018/03/28 11:56

    百貨店のレジは基本的に一般的なレジと違い対面レジではありません。だいたいワンフロアにいくつか隠れた場所にあり、百貨店の接客担当のスタッフがお客様から受け取ったお金やカードを持ってこられるので、急いで打たないといけないことはありません。
    レジ自体もバーコードを通して行うのですが、百貨店だけにたくさんのレジ作業があるのが大変と言えます。例えばカードだと何回払いなのか、商品券もあれば割引券もありますし、商品券でも百貨店のポイントがつく券もあればつかない券もあります。また、お釣りが出る券もあれば出ない券もあります。お支払い方法も半額カード払いで半額現金払いにされたり、つけではないですが例えばパンツの裾直しを依頼されて完成と同時に支払い希望される場合と先に支払う場合、「外商」といってお得意様で百貨店から持参をする場合など、支払いが様々なので間違えると訂正が大変です。訂正の仕方もその場でする方法と後日する方法とあり、とにかくお客様にお釣り間違いの内容に心配りが大切です。このようにまずはレジのプロになることが必須です。販売員さんの中では急いでいる方もいるので、もたもたしているときつい音葉を言われることもあるので、お客様との接客トラブルはほぼないにしても、合わない販売員さんもいます。

    働いていた当時私がメインで行っていたレジは、クリアランスセールの会場と、北海道展などのイベント会場でした。絵画の展示のようなイベントの場合はお客様も少ないので比較的ゆったりと仕事ができますが、北海道展や九州展のように飲食関係のイベントの場合、お客様が多いことと何店舗かのお店の売り上げを一つのレジは受け持つので結構忙しいです。しかも単価が細かい場合があるので打ち間違いも増えやすいです。冷静に、でも正確に早く打っていくことが必要とされます。また、立ち仕事が多いので足のマッサージは欠かせませんでした。
    また、シフトで休憩の時は代わりのスタッフが来てくれるのですが、交代のたびにそれぞれがレジの点検をして、誤差がある場合は会社へ報告します。あまりにも多い誤差の場合は当たり前ですがかなり怒られます。
    また、入れ替わりが多いこともあるので、新人のレジ指導も加わるとそれだけで大変でした。
    以上が百貨店のレジの仕事内容です。覚えることは多くて大変でしたが、一度覚えてしまうと手が勝手に動くまでになるので意外と簡単かもしれません。

ページ上部へ移動する