インテリアショップ販売員の仕事と一日の流れを教えて下さい65view

アパレル販売員をしている23歳女性です。もともとインテリアに興味があり、インテリアショップへの転職を考えています。
インテリアショップ販売員の詳しい仕事と(販売以外の仕事)、一日の流れを分かりやすく教えていただけないでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. 77nisimuta 2018/03/11 16:12

    私の働いていたインテリアショップでの仕事内容は、主に接客が中心なのは当然です。
    朝出勤したら店舗内の掃除と植物への水やり、レジ開設作業を行います。夏は扇風機の手入れや、冬には加湿器の手入れも行います。
    一通りの店舗開店準備を終えたらスタッフで集まり、売上の共有と身だしなみチェック、発声練習を行います。

    お店が開店したら一日の個人のスケジュールで作業を行います。

    家具やインテリア雑貨、キッチン雑貨など種類が豊富なのでカテゴリー分されており、それぞれに担当者が設けられています。
    担当者の行う仕事内容は、土日明けの一番商品が売れて在庫が少なくなった月曜日に在庫やラッピング用品やショッパーなどの発注を行います。発注した商品が納品され次第、入店客数が少ない曜日と時間帯で品出しを行います。品出し、陳列のルールが細かく決まっており、それに従って品出しを行います。
    また毎週月曜日には各担当者が売上週報の作成と新商品の導入などを分析した後、一週間の行動スケジュールを組みます。
    週報の作成時には主に売れた商品と売上が伸びなかった商品を分析し今後の対策を考えます。(例:先週は5点販売実績があった商品が今週は1点も売れていなかった。原因は商品の在庫が薄くなって売り場の見栄えが悪く、手に取って商品を見るお客様が少なくなったから。対策としては、在庫が確保できない商品なので他の商品を使いボリュームを出して再度販促を行う。)出来るだけ正確な数字を計算し、1週間単位で分析を行います。

    新商品の入荷、シーズンの変わり目などはテーマに沿った大幅な売り場作成を行います。
    POP作成作業も併せて行い、売り場の仕上がり等は写真に撮り一週間商品の動向を伺って今後の販促を決定します。
    売り場の作成には3通りあり、メインの商品(シーズン物・新商品等)・メインほどではないが売れ筋商品・シーズン問わないその他の商品と分けられます。売り場ごとに差別化がとても重要になり、一番売れてほしいメインの商品を大々的に打ちだします。

    担当関係なく行う仕事には販売のフロア巡回、声掛け、レジ業務があります。
    フロア巡回では商品を持っているお客様にカゴ渡しを行ったり、商品のお預かり、在庫の確認や商品説明を行います。
    レジ業務ではレジ打ち以外にもラッピングや家具配送・商品配送の承り、問い合わせの電話対応を行います。
    その他にも廃番商品やシーズン外商品を納品元に返品するための梱包作業も行います。

    閉店後には日報の計算とレジ解説を行い、スタッフ全員で終礼で当日予算の報告などを行い、1日の業務終了です。

    以上がインテリアショップでの仕事内容と一日の流れになります。

ページ上部へ移動する