男性病棟看護師のメリットとデメリット8view

男性の看護師です。この度、病棟看護師へ転職を考えています。病棟看護師のメリット、デメリットと共に、男性看護師のメリットデメリットを教えて下さい。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. haseba 2018/03/13 15:34

    病棟看護師として働いてのメリット
    ・平日休みがあることです。また、夜勤明けからの休みだと10時前仕事が終わり、そこから次の日まで休めるので2連休を貰った気分になります。また、平日休みが多いので休日だと人が多いテーマパークなどもゆっくりと過ごすことが出来ます。
    ・給料が安定しています。大きな昇給ないかもしれませんが、女性でも安定して給料を稼ぐことが出来ると思います。
    ・看護師としての国家資格を持っているので就業先に正規雇用で入社しやすいです。周りの友達(情報系の仕事)が仕事先を探すのに何社も面接を受けていましたが、自分は1回の面接で受かることが出来ました。国家資格の力は大きいと思います。
    ・病院で働いていると異動があるため様々な分野の看護を学ぶことが出来ます。家族や友達が医療関係のことで困っていたらアドバイスすることが出来ます。

    男性看護師としてメリット
    ・力仕事で頼られます。男性の患者さんと関わりやすいです。

    病棟看護師としてのデメリット
    ・休みや勤務が不規則なので体調管理が難しいところです。2交代や3交代両方経験しましたがどちらも慣れるまできつかったですね。慣れてしまえばメリットに書いたように遊びに行けてリフレッシュすることが出来ます。
    ・看護師は人間関係が大変です。どの職場も大変でしょうが、女性が多い職場なのでグループが出来たり新人にいじめのような指導があったり、人間関係で悩む人は多いように感じます。自分も先輩から色々指導を受けましたが同期と何とか頑張って来れました。
    ・当然ですが風邪をひくわけには行けません。免疫力が落ちている患者さんが多いので自分が風邪を引くことで患者さんに移してしまう可能性があり、より病状を悪化させてしまう場合があります。なのでインフルエンザの流行期などは外を出歩かないように気を付け手洗いうがいなど対策を行っています。
    ・責任が重いです。患者さんの命を預かっているのでミスがないよう慎重に業務を行っています。
    ・今まで述べたことなど色々なストレスがかかります。ストレスに耐え切れず辞めて行く人も多いです。
    ・勉強会に参加するのにお金がかかる。看護師は専門的な知識が必要であり、医療技術や知識も日々進歩していっています。そのため、働く看護師も日々勉強が必要となってきます。大手の勉強会に参加すると1回の勉強会で1万円以上の出費がかかります。さらに開催場所によっては移動費もかかってきます。

    男性看護師としてのデメリット
    ・女性の患者さんの援助に制限がある。オムツ交換など。
    ・女性の患者さんに関わる時、女性看護師に手伝って貰う必要がある。

    以上、看護師のメリット・デメリット、そして男性看護師としてのメリット・デメリットについてご説明しました。参考になればと思います。

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する