ハウスメーカーの営業にメリット・デメリットはありますか?133view

25歳男性です。不動産賃貸営業からハウスメーカー営業へ転職予定です。この仕事にメリットやデメリットはありますか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. sainoo 2018/03/06 5:34

    住宅メーカーのセールスマンが行う仕事内容は、戸建住宅やアパートの販売を行う事です。
    主なお客様の発掘源は、住宅展示場、資料請求、住宅イベント、紹介飛込み営業による発掘です。

    住宅メーカーの営業には、大きなメリットとデメリットが3つあります。
    それは、契約の喜びとプレッシャー、感謝の言葉とクレーム、自由な時間と長い労働時間です。
    このメリットとデメリットについて説明します。

    まず契約の喜びとプレッシャーについてです。
    例えば戸建住宅を例に挙げます。
    扱う商品は少なくとも2千万円を超えますし、土地付きですと土地代が更にプラスされます。
    これだけ高額な商品を購入される方は慎重になる方が多いです。
    また競合他社も多く、折角お話しが進んでも契約出来ない事も多くあります。
    必要とされる知識も住宅、間取り、設備、ローン、税金、建築に関する法律、セールスの事と幅広くあります。
    数回の訪問で成約となる事もありますが、中には数年間かかる場合もあります。
    こうした中で販売を成功した際の喜びはひとしおです。
    自分の手掛けた家が身近な場所に建つのも嬉しい事柄です。

    しかし売れない時のプレッシャーは、物凄いものがあります。
    会社によっても異なりますが、1年のノルマが6棟前後の会社が多い気がします。
    もちろん店長やマネージャーは、更に多くの数字を求められます。
    1年に6棟ですと2ヶ月で1棟になります。
    4月から期が始まって5月が終わった時点で契約が上がってないと当然焦ります。
    眠れなくなったり、仕事の事が頭から離れなくなったりする人が多いです。
    また、当然上司や会社からプレッシャーをかけられ、居心地の悪さにも耐えなくてはなりません。

    2番目の感謝の言葉とクレームです。
    住宅のセールスマンは、住宅のローンや税金、土地活用、間取り、生活提案等をお客様に行うのですから、上手くマッチすれば感謝される事となります。
    中には神のように崇めてくれる人もいます。お引渡しの時にお手紙や記念品を頂く事もあります。
    こうした事はとても喜ばしい内容です。
    一方でクレームに関してはとても激しい感情の方もいらっしゃいます。
    お金の事、建物の不具合、約束した内容の相違等が主なクレームの内容です。
    強い怒りや激しい言動等は多くのセールスマンが経験しております。

    最後は、自由な時間と長い労働時間です。
    営業という仕事は自己管理ですので、比較的自由な時間が取りやすいです。
    昼間に美味しいランチを食べに行ったり、公園に車を止めて寝ている人もいます。
    しかし労働時間は決して短くはありません。
    お客様の発掘、打ち合わせだけでは無く、資料作成、接客の練習、会社への報告、敷地調査、役所調査、ローンの申込み、設計や工事への引継ぎ等の多くの業務があります。
    労働時間短縮を会社では目指していますが、仕事を持ち帰ったり、事務所以外の場所資料を作成している人もいます。
    仕事に慣れるまでは1日12時間以上仕事をしている人を多く見かけます。

    このように住宅のセールスマンにはメリット・デメリットがあります。
    能力のある人には楽しい仕事だと思います。

ページ上部へ移動する