冷蔵庫メーカーのサービスエンジニア、メリットとデメリットは?10view

業務用冷蔵庫メーカーを取り扱う会社で、サービスエンジニアの職を見つけ転職を希望しています。
周りにこの仕事に就いている友人知人がいないので、仕事内容がよくわかりません。メリットやデメリットも教えていただけると嬉しいです。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hyakugari_1122 2018/01/08 12:13

    私は業務用冷蔵庫メーカーのサービスエンジニアをしておりました。結論から言いますと、この仕事はデメリットの方が多いです。

    <メリット>
    主なメリットは東証一部上場企業で、会社が倒産する可能性はかなり低いというこでしょうか。
    これは会社自体の話なので、冷蔵庫メーカーのサービスエンジニアについてメリットということになりますと、ほとんどありません。仕事をしていく内に、機会・電気関係に詳しくなれることはメリットだと思います。ただ、冷蔵庫は他の家電と違い、冷媒ガスを使い、冷蔵庫を冷やしています。冷媒関係の知識は当然必要となりますので、転職するとしたらその分野を学ぶ必要がありますね。

    <デメリット>
    デメリットとして挙げられることは、「飲食店・スーパーが閉店してからの作業が多いので、深夜残業が非常に多い」「厨房内の冷蔵庫の修理では油汚れやゴキブリ、ほこりが非常に多いので、服と体が汚れる」「車での移動なので、深夜残業が終わったあとの運転は、眠気や体の疲れなどがあるため、運転に気をつかなければならない」「冷蔵庫以外にも、厨房機器(食器洗浄機、製氷機、冷水機、ビールサーバー等)も修理しなければならないので、覚えることが多い」「飲食店の店主には厳しい人が多いので、怒られることは日常」「修理が完了しても、冷却確認に時間がかかるため(冷凍庫は設定温度に到達するのに3時間ぐらいかかる、ある程度まで冷えたら大丈夫と判断する)、効率よく次の現場にいけない」「夏場の繁忙期は非常に忙しい、帰宅時間21時なら早いほう、23時か日付けが変わる時間帯になることも多々ある」「土、日でも自分が受け持った現場から問い合わせがあれば、電話がかかってくる」「冷凍庫には高価な食材が入っている場合があるので、修理後にまた再発してしまったら、その費用(当然会社の負担ですが)を払わなければいけないというプレッシャーがある」「修理中でも、お店の方が冷蔵庫を開けて食材を取り出したりするので、集中して作業が出来ない」「修理不可の冷蔵庫は入れ替えなどを提案するため、営業力も当然必要」

    デメリットがかなり多くなりましたが、厨房業界の仕事はかなり大変だと思います。
    メリットに書き忘れていましたが、夏場に比べると、冬場は比較的楽な勤務状態になります。冬場に有給を消化して旅行に行くという人もいました。以上です。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する