食品工場の衛生検査の仕事について教えて下さい!24view

食品工場の生産業務の仕事に就いていますが、衛生検査業務に興味があります。衛生検査業務の仕事について具体的に教えて下さい。また、どんな時にやりがいを感じますか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. masagami 2018/03/08 12:15

    日本のほとんど全ての食品工場では衛生検査の業務があります。ただ出来上がった食品についてだけでなく様々な工程の検査を行います。
    まずは食品の触れる器具や機械がきちんと洗浄されているかチェックリストを元に確認、そして目に見えない細菌の検査をします。
    専用の検査器具を用い、あらゆる箇所のふき取り検査をします。夏場の菌が繁殖しやすい時期は一日に何度も検査をすることがあります。
    もし、検出されてはいけない菌が出てしまうと工場の生産は一時停止させて、監視のもと洗浄を行います。
    工場で作業をする人の手指の細菌検査、手洗いがなされているか確認するためにドアの細菌を抜き打ちで調べることもあります。
    こちらも同様に菌が検出されれば、きちんと手洗い。掃除を行います。安全な食品を作るためには全て必要不可欠な検査です。

    最も重要になる検査は食品の検査です。それは入荷した原料から始まります。
    原材料や調味料、生ものか加熱済みかで検査項目は異なりますが、全ての材料を検査します。
    朝一番に出来た製品からロット毎、時間毎にランダムに検体を抽出し細菌検査を行っていきます。
    製品を検査にかける際、工場で作業中の人の手指の検査をすることもあります。製造中の工場ラインのふき取り検査も実施します。
    工場内にはアルコール消毒液などが沢山の箇所に設置されているので人から菌が検出されることは少ないです。

    細菌検査は結果が出るまでに数時間から菌によっては数日掛かることがあるので、結果が出るまでは製品は出荷しません。
    もし製品から出てはいけない菌が検出されたら、そのロット前後を何十個も徹底的に検査し、細菌が付着した時間帯や原因を探っていきます。
    機械、器具はもちろん、人や外袋、手袋とあらゆるものの細菌を調べます。一日二日で終わらないこともあり、はっきりと判るまでは長期にわたってでも原因を探ります。
    もちろん菌が検出されたロットは廃棄になります。安全が確認された製品のみが出荷許可を出され、世のお店に並びます。

    細菌の特に検出されそうな食品(生ものなど)や工程がある場合は、生産の前に作業員たちとよく話し合い入念にチェックをしていきます。
    実際に作業員に菌の出た培地を見せることもあります。
    そして検査結果は工場で働く人たちに周知してもらいます。良い結果も悪い結果も全て知らせることによって、一人一人の意識を高めることに繋がります。
    その結果、より良い製品を作ることになり、お客様からの評価も上がり、モチベーションも上がります。

    これが食品工場での衛生検査業務の仕事内容となります。ご参考まで。

ページ上部へ移動する