柔道整復師になって良かったところ、悪かったところって?95view

柔道整復師になって3年目ですが、皆さんの思うこの仕事のメリット・デメリットが気になりました。
今は整形外科で勤めており安定はしているものの、なんだか充実しません。
やりがいとか給料とか自分で考えても結構マイナスなイメージしか出てきません。
病院、個人の接骨院、グループの接骨院、どこに勤めるかにもよるとは思うのですが、皆さんの思うメリット・デメリットを教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. yohaze_c 2018/03/02 13:50

    メリットは自分で全てできるところ。
    最終的にどこを目指すかはその人次第だけど、開業すれば上司もいなければどやされることもない。年末年始もGWも自分で休みを組めるし、安定すれば給料も底知れないくらい。僕の知っている上司の先輩は年収4000万だとか。。成功すれば地味に夢のある仕事かと。

    デメリットは、横のつながりが強いから人脈とか外聞とかそういうのを気にしなきゃいけない。
    まあ世の中にはそういうのを全く気にしない先生もいるんだけど。
    ただ開業すると上司とか会社っていう盾がなくなるから、そこは怖いところでもある。
    病院勤めだと、場所によるけどかなり虐げられる。お医者様の中には僕達のことを役立たずとか劣化版とか考えている人もいるってことを忘れない様に。

  2. quatorze 2018/03/01 14:10

    柔道整復師になって良かったこと…
    なかなか少ないですね…。
    私が思うメリットというかやりがいは、私を頼ってきた身内や友人を楽にして、ありがとうと感謝されるところでしょうか。
    あとメインのメリットは、独立開業ができて死ぬまでこの仕事ができることですね。
    独立するということは自分がその瞬間にトップになれるし、何かに縛られることが少ないです。自分の努力が給料に直結してくるのでそのあたりもやりがいのある部分というか、メリットになるでしょうか。
    独立開業することによって自分で休みや給料がある程度決められますし、時間ができるということは趣味に時間が使える。この辺りでしょうか。

    柔道整復師になって悪かったこと…
    人を治すというのはかなり大きなリスクがあること。
    人の体に触るっていうことは悪くすれば訴えられる危険性もあります。
    例としては、先生が触ったあとに痛みが増してしまった。骨折を直してもらったけど全然治ってないし、骨もくっついていないとか。
    なので、日々考えていないとそういったリスクを避けることはできませんし、知識があればリスク回避や喜んでもらえる近道にもなるので、学ぶこともやることも多いです。
    院によってやることは違いますので、勤務先にもよりますがグループ院だと日曜祝日はほぼ休みがないこと。もちろんお盆やクリスマスなどの行事も休みではありません。
    自分が体を壊すと、代わりがいないこと。
    地域社会にかなり根付くため、休日の活動がある程度制限される。
    この辺りがデメリットかなと思います。

ページ上部へ移動する