ベンチャー企業の人事担当者の苦労、理想と現実のギャップとは?24view

企業の礎となる人を育てたいという気持ちから、人事部で仕事をしており、ベンチャー企業であれば一から携わることができるのではないかと思っています。しかし、ベンチャー企業の人事部に知り合いがおらず、実際は分かりません。そこで、ベンチャー企業の人事部に勤務されている方の仕事や苦労、理想と現実のギャップを感じたエピソードを教えていただけたらありがたいです。よろしくお願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. kasyakuma-t6 2018/02/25 12:23

    私は飲食業界の上場会社に入社し人事部で採用業務を担当していましたが、大手ならではの凝り固まった組織や考え方、人間関係の煩わしさが嫌でベンチャー企業に転職をしました。ベンチャー企業といえば会社も若く発展途上で、途中入社の自分でも会社の制度整備や文化作りなどに携わることができ、自分のスキルアップも見込めると思ったからです。入社前の面接でも社長や役員、今の上司である人事責任者には『経験を生かし、会社作りの一端を担ってほしい』という言葉を戴いたので、志し高く入社をしました。

    実際に入社をしてみると確かに大手の会社とは違い、当たり前にあるはずのものがなかったり、制度が未熟であったりと問題が山積していました。人事部の業務は採用や研修、評価制度などの策定、労務関連業務など、社員のための幅広い業務がありますが、その業務を3名で回していました。そのため、色々なことが中途半端だったり、残されている過去のデータがしっかりと管理されていなかったりと業務に支障をきたすレベルでした。

    私が最初に任された業務は採用業務でしたが、売手市場と言われている昨今、新卒・中途ともに簡単に人を採用できる時代ではありません。そのため、募集媒体への掲載や採用イベントへの出展、人材紹介会社への登録など様々な案を出してみましたが、どれも費用対効果の面で不確定要素があり却下されることばかりでした。歴史の浅いベンチャー企業では、人材にも資金にも余裕がなく、確実に会社にとってメリットのあるものでない限り、稟議が通らないということがほとんどです。だからと言って知名度もなく社会に知られていない会社に応募者が集まるわけもなく、一向に人は採用できず、でも社員は辞めていき人がどんどん減っていく、という悪循環となっています。

    入社をしてしばらく経った今では、社内研修の企画や労務関連の業務を任されています。研修会場を探したり、研修参加に出張を伴う社員の宿泊先を準備する過程でも、やはり予算との兼ね合いがあり、なかなか話が進みません。結局いくつもの会場やホテルを借り抑えた挙句、期限が過ぎても返事をせず先方に迷惑をかける、ということも日常茶飯事です。上司に相談をしても、人事業務だけでなく様々な業務が社長直轄で降ってくるので、そこまで考える余裕もありません。結果上司が手に負えなくなった業務まで部下である私が手伝うことになる、ということも多々あり、私自身も人事部として行うべき業務に着手できないことが続いています。

    ベンチャー企業の人事部は一般の人事業務だけでなく、『人にかかわる全ての事』をしなければなりません。確かに業務の幅は広がりましたが、一般的なスキルアップにが該当するかというと、そうではないことの方が圧倒的に多いです。また、ベンチャー企業で圧倒的に強い立場なのは『創業メンバー』です。何かと創業メンバーの価値観が物差しとなっており、後から入って来たメンバーのいうことに聞く耳を持ちません。若くして新しい会社を立ち上げた創業メンバーたちは、他の会社で勤務をしたことがほぼないまま年を重ねてきてしまったので、一般的な常識を持ち合わせていないことが多いので、大手出身の私には理解ができないことや目に余る言動も多々あります。

    全てのベンチャー企業が私の勤めている会社のようであるとは思いませんが、ベンチャー企業への就職や転職を考えている人にとって、この記事が何かの参考になればと思います。そして、求職者の方には後悔の無いように会社選びをして頂きたいと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「リクルート」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 年収アップに自信あり!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. 転職業界大手の「マイナビ」スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  4. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  5. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

ページ上部へ移動する