視能訓練士の仕事内容を詳しく知りたい!242view

眼科病院に勤務する視能訓練士になりたいと思っています。国家資格ですし、手に職がつくのでよいのではないかと両親も応援してくれているのですが、詳しい仕事内容を教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. enkyo 2018/02/12 23:58

    眼科は病院の中でもとても検査の多い科です。視能訓練士はその検査を主に行っています。
    受付後、眼科では患者さんがまず初めに会う病院の人間は看護師か視能訓練士です。
    視能訓練士は患者さんにまず問診をとりどの様な症状で来院されたのかを伺います。そして患者さんの症状を医師に伝え検査の指示を仰ぎます。
    一般的に見えにくい等が主訴の患者さんには視力検査と眼圧検査の指示が出る事が多いです。
    その結果をもとに医師が患者さんの診察を行います。
    医師の診察で眼底の精査が必要な患者さんには散瞳剤を使用する指示が出るので医師の指示の元、散瞳剤を点眼します。
    散瞳剤を点眼する患者さんの多くが眼底写真や網膜の断層撮影を行うように医師から指示が出ます。視能訓練士は医師の指示した部位や種類の写真を撮影します。
    一般的には上記の様な検査を受ける方が多いと思います。

    眼科病院では1日に大体300人程度の患者さんの検査を行います。
    視力検査の他には白内障の手術が決まった患者さんには、角膜の屈折を調べ、角膜の内皮細胞を調べる検査を行い、目の長さを調べます。目の長さと角膜の屈折は白内障手術時に使用する人口レンズの度数を決めるのにとても重要です。目の長さが1mm狂えば目の度数が3D狂ってしまいます。その為、やりがいはありますが責任重大です。

    緑内障の検査では眼圧を調べる事はもちろんの事、視野検査も大切な検査となります。動的な検査と静的な検査があり、動的な検査は検者の技術に左右されるので経験がある程度必要になります。

    そして眼底を詳しく調べる為に、造影剤を使用した眼底写真撮影を行う事も視能訓練士の仕事の一つです。
    造影剤が眼底に流れ出すまでに10秒もかかりません。流れていく瞬間を秒単位で撮影しますので時間との勝負です。この検査は眩しい光を連続で目に当てるので患者さんにとってはとても辛い検査の一つですので患者さんに気を配りながらも撮り漏れないように写真を撮影しなければなりません。
    この撮影の結果が今後の治療方針に影響するとても大事な検査です。

    眼鏡合わせも行いますし、斜視の検査も行います。こどもの斜視、弱視の検査も視能訓練士の仕事の一つです。こどもの目の発達を阻害している要因を検査で精査します。早期発見が重要で飽きやすいこどもの検査を必要な情報は何かを即座に判断し短時間で済ませる必要があります。

    そしてロービジョンの患者さんに対する補装具の選定も視能訓練士の仕事の一つです。
    ロービジョンの患者さんのQOLを少しでも向上させて頂く為に、患者さんに寄り添って患者さんが一番何がしたいか?何が見えるようになりたいか?を伺いながらルーペや遮光眼鏡の選定を行います。

    最後になりますが、視能訓練士は世間一般にあまり知られていない職業です。
    眼科で働いているというとみなさまには大抵、眼科の検査って視力検査だけでしょ?と言われます。
    しかし、体の中でも小さな臓器である目の状態を知るには沢山の検査が必要で、その検査と眼科の専門知識を身につけているのが視能訓練士です。
    視能訓練士は眼科ではとても大切な役割を担っているのです。

ページ上部へ移動する