病院勤務に興味あり、病棟クラーク、医療事務、看護助手の違いについて190view

医療機関で働きたいと思って求人を探し始めたのですが、医療事務、看護助手、病棟クラーク…と色々な職業が出てきて、違いがよく分かりません。どなたか教えていただけないでしょうか。
ちなみに、事務職にとどまらず幅広い仕事がしたいので、病棟クラークが第一希望です。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. gousyuu_o 2017/02/10 20:21

    ・病棟クラークと医療事務との違い
    病院の事務職は、病棟クラークの他にも医療秘書や調剤事務など多く存在しますが、中でも女性から人気のある医療事務は、病棟クラークと密接した関係です。
    医療事務の仕事は、患者さんの会計や診療報酬(レセプト)業務がメインです。
    入院患者さんのお世話をする病棟クラークは、医療事務からの連絡で入院費を伝えたり、食事数や病衣、差額ベッド代の確認をしたりします。また、医療事務がレセプト作成の際に必要な医師の症状詳記などの依頼が、コンタクトが取れずできなかったりすると、直接医師とやり取りができる病棟クラークが代わって医師に依頼することもあります。

    ・病棟クラークと看護助手との違い
    病棟クラークの職場はナースステーションで、事務関係の仕事ももちろんですが、医療事務とは違ってカルテ整理やベッドメイキング、病院によっては医療器具の準備などといった看護助手が行うような仕事もあります。かわって医療事務は、治療や処置などを行う医療現場ではなく、終日パソコンに向かっていることがほとんどの事務職がメインとなります。
    また看護助手は、逆に事務関係の仕事は一切担っていません。医師、看護師が行う医療行為以外の業務をサポートすることが主な仕事です。病棟クラークと兼任するような仕事もあれば、食事や入浴などのお世話をしたり、滅菌作業なども行ったりします。

    病棟クラークは、どの事務職とも接点が多いことが特徴です。だからこそ、自分だけの仕事に夢中にならず、まわりの状況をよく見て効率よく業務に取り組む必要がありますし、周りのスタッフとの連携を特に大切にしなければいけません。また、連携する上で医療知識を持っている方が役に立ちますので、医療事務関連の資格は有効です。医師や看護師と連絡し合う時も、やはり医療用語は飛び交いますので、日頃からスキルアップを目指しておくべきでしょう。

ページ上部へ移動する