印刷会社の生産管理部門の仕事内容398view

印刷会社に転職が決まり、生産管理部門へ配属されます。生産管理部門とは一体どんな仕事をする部門なのでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. vpkunimune 2018/02/21 17:12

    印刷会社の生産管理部門では、印刷物の設計・校正および生産日程管理が主な仕事になります。現場は営業のように外回りの仕事ではなく、どちらかといえば事務的なデスクワークに近い仕事形態です。営業の方が受注してきた印刷物を最後に現場で生産するための工程の橋渡しをする役目を担っています。

    生産管理業務の一連の流れです。
    まずお客様の求めるデザインではがきやポスターなどを作ってほしいという要望があります。
    それはお客様から要望されることもあれば、営業の方が新規受注する場合と両方あります。
    印刷物はすべてお客様の要望通りにいくとは限りません。
    生産する機械で生産が可能かどうかや印刷物の規定をしっかりと守っているかなどをチェックしなければなりません。
    それが生産管理部門の印刷物の設計と校正作業です。
    例えば、郵便はがきだと、郵便局が定める郵便規定にのっとっています。
    そのためそれらの規定を事前に把握していることが非常に重要になってきます。
    そういった知識を習得することも生産管理部門では大切な仕事であるといえるでしょう。
    そして、その規定をクリアした印刷物を一度お客様に確認していただきます。
    それでお客様が納得していただくことで、生産工程に移ることとなります。

    生産工程では、何部印刷するのかという量であったり、納期までに間に合わせるにはどう日程を組んだりすればよいのかを生産管理部門が管理、指導します。
    印刷物の量はお客様に決めていただきますが、その印刷物をどういった形でお客様のもとへ届けるのかという物流との兼ね合いも必要です。
    特に納期に関しては生産管理部門の一番重要なところといえるでしょう。

    納期もただ間に合わせればよいのではありません。
    いろいろな印刷物を並行で生産しているために、生産日程がブッキングしてはいけません。
    現場の方のシフトも重要視しなくてはなりませんし、もちろん機械の点検や修理ということがあれば納期が遅れることになります。
    この判断をひとつひとつ丁寧にやる必要があります。

    こうしてできた印刷物を梱包し、輸送します。
    輸送は委託することもあるので、物がちゃんと届ける個所に運ばれるかも入念にチェックしなければなりません。
    生産管理部門では例えば、段ボールごとにシールを貼って仕分け作業を行うなどです。

    前述しましたが、生産管理部門は営業と工場の橋渡し役です。
    どちらかのミスを防ぐという点でも非常に視野の広さが求められる職業です。
    大変忙しい仕事だと思いますが、そのためやりがいのある仕事ともいえるでしょう。

ページ上部へ移動する