ドラッグストアの薬剤師の仕事内容を具体的に教えてください14view

現在、薬剤師資格は持っているのですが、薬剤師とは関係のない全く別の仕事をしています。仕事では何も不満はなかったのですが、家の都合で実家に戻らなくてはならなくなり、転職をしなければならなくなりました。
そこで薬剤師に限らず転職先を探したのですが、薬剤師の募集が多く、薬剤師以外の仕事はなかなかない状況です。
薬剤師の募集では中堅の調剤薬局チェーンと大手ドラッグストアチェーンがありました。そこで調剤薬局かドラッグストアへ転職しようと考えているのですが、今まで薬剤師とは程遠い仕事をしており、薬剤師の仕事に関して意識が全くない状態です。そのため薬剤師として調剤薬局やドラッグストアへ転職することに多少不安を感じております。
もしよろしければ、調剤薬局やドラッグストアでの具体的な薬剤師の仕事内容を教えていただけるとありがたいです。1日の仕事の流れみたいな内容などなんでも結構なのでよろしくお願いします。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 薬剤師転職の最大手!悩み解決はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. kohiyama 2018/02/04 4:58

    私は、大手ドラッグストアに就職して9年目になります。私が働いているドラッグストアでは調剤室を併設している店舗が多く、主に調剤の仕事をしております。

    まず調剤業務についてご紹介します。ご質問者様も処方箋を薬局に持っていかれたことはあると思いますが、薬局で処方箋を受け取るとまず、患者様がこの薬局に今まで来られたことがあるかどうか確認します。初めて来られた場合には、ほかにお薬を飲んでいるかとか、どういう症状で病院にかかられたのかというような内容の問診票を書いてもらいます。
    その間に、その処方箋に記載されている保険番号やお薬の内容をレセコンというパソコンに入力します。入力した内容を印刷にかけるとお薬を入れる袋や、お薬の説明書、領収書などがすべて印刷されて出てきます。お薬代などの計算はすべてレセコンが勝手にしてくれるので、難しい計算とかはしなくていいです。

    続いて、処方箋に書かれているお薬を正確な数で棚からとります。このことをピッキングといいます。この時に飲み合わせが悪いお薬が含まれていないか、用法容量が正しいかなどのチェックもします。もし飲み合わせが悪い薬が含まれているときなどは、疑義照会といって、処方を出してくれているお医者さんに直接、飲み合わせが悪い薬がこのままお薬を出してもいいか確認する作業を行ったりします。
    そうしてすべてピッキングされたお薬を、別の薬剤師がきちんとあっているか確認します。この作業を鑑査といいます。
    そうして用意されたお薬を、患者様に飲み方などの注意点などの説明しながらお渡しします。この作業を投薬といいます。投薬時に患者様の体の状態や他の薬を飲んでいないかなどを聞いておきます。

    投薬後は、投薬時に知りえた内容などを患者様ごとに記録に残しておきます。この記録のことを薬歴といいます。
    処方箋を受け取るとこのように、レセコン入力、ピッキング、鑑査、投薬、薬歴といった流れで処方箋を処理していきます。処方箋を持っていかれた時にお薬が出てくるまで長いなと思われたこともあると思いますが、このような作業をしているので少し長くなってしまいます。

    通常でしたら、1日に来る処方箋が30~40枚当たり薬剤師一人の人員配置になります。1日に来る処方箋が100枚であれば3~4人の薬剤師がいる薬局になると思います。一般に開業医の門前などでしたら午前中にまとめて50枚くらい処方箋が来て、その間ずっとピッキング、鑑査、投薬を繰り返し、午後1時くらいにやっと処方箋が落ち着くのでそこから患者様1人づつの薬歴を書いていきます。その後お薬の発注をして在庫整理などをしていると、すぐに午後の診察が始まるのでまた、ピッキング、鑑査、投薬、薬歴といったお仕事をこなし午後の診察が終わったら、最後に売り上げやレジの金額に誤差がないかチェックして1日が終わりという感じです。

    処方箋が多い時期(年末年始前、ゴールデンウィーク前、お盆前)は処理しなければならない業務の数が増えてしまうためどうしても残業が発生しまうことがありますが、毎日残業ということはないと思います。
    このような調剤業務の他にドラッグストアですので市販で売られているお薬の接客や、第一類医薬品といって薬剤師しか売ることができないお薬があるのですがそのお薬の販売などがあります。市販で売られているお薬に関しては最近お薬手帳を持っておられる方も多く、市販薬と現在病院で貰っているお薬を一緒に服用してもいいのですかというような質問もよくあります。

    調剤薬局チェーンであればある程度処方箋に触れることができると思いますが、ドラッグストアの場合処方箋がよく来る店舗とあまり来ない店舗があると思います。
    薬剤師として働いていかれるのであれば調剤経験は非常に重要になってくると思います。
    そのためにはある程度処方箋に触れる必要があります。転職を考えられる際にはきちんと調剤経験が積める環境であるかどうかきちんと確認しておいたほうがいいと思います。

 

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 薬剤師転職人気No.1を継続中!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!薬キャリと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する