繊維系製造業の強みと弱みはなんでしょうか?28view

繊維系製造業の強みって何なんでしょうか?4年ほどこの会社で仕事をしてきましたが、どうも人間関係が悪いとか給料が安い・上がらないとか、悪い点ばかりに目が行ってしまい、転職のほうにかなり気持ちが向いてしまっています。
繊維系製造業に勤めていてよかった、得をしたというようなことはありますか?また、良くなかった、デメリットだったと思うことがあれば、教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. nukano 2018/02/06 1:45

    うちの会社は同業他社・他業種からの転職組を新卒入社より福利厚生・給与などを手厚く丁重におもてなしするので、新卒で入った生え抜きたちは不満でいっぱいです(笑)うちのように同業他社からの転職を比較的受け入れる会社が多いのではないでしょうか?ということは、今の会社で培った技術を次の仕事に生かせるというメリットがあります。

    ちなみに、繊維系製造業はいろいろな可能性を含んでいます。分野的にかなり広いですよね。洋服の生地、サニタリー用品の素材、工業用シートなどなど、使用目的は無限大です。なので、会社トップがかなりバカでない限り、会社が潰れることはめったにないのではないでしょうか。システムの会社とかだと、新しくオーダーを取り続けないと生きていけないだとか、一回システムを買ってもらったらそれっきりだとか聞きますけど、繊維系製造業はそんな感じではありません。一度気に入って買ってもらえれば、そう簡単には他社品に切り替えられません。
    例えば、生理用品を作っている会社だとすると、一度リニューアルして決められた素材をそう簡単に変えられません。安いからと言って安易に変更すると色や肌触りが違うので、秘密裏に変更してもするどいお客様から「最近肌触りが変わった」とご指摘が来ます。一般的な素材だと置き換えも可能と思いますが、高付加価値素材だとごまかせません。ことさら、パッケージなどにそのことを製品の特長として記載していると、変更したくても変更できない。
    それとか、日常生活でトイレットペーパーやティッシュなしの生活は考えられないでしょう?スーパーや薬局に行けば何種類もの商品が並んでいます。人気のある商品・不人気商品もあるでしょうが、少なからずとも不人気商品であっても購入する人がいるはずです。また価格もバラバラですので、このブランドは好きじゃないけどコスト面で選んでいるという人もいるはずです。

    質問者さんが仕事をしている会社がどういう会社かはわかりませんが、比較的業績としても安定しているのではないでしょうか?某銀行のように大量にリストラされて路頭に迷うことはないでしょう。製造業であっても某P社のように自主退職を推奨したりリストラされることはあれども、製造業に従事している人たちは手に職を持っている人たちですから、転職先もあまり心配しなくてよいでしょう。
    手に職を持っている人たちは強いという点は、繊維系製造業の会社に勤めているメリットかもしれません。

  2. kozyou5550 2018/02/04 14:20

    製造業には一定の強みがあると思います。まず、腐らないものを取り扱っている会社(洗剤とか家具とか化学製品など)ならば、製品在庫を増やしたり減らしたりできるので、土日休み、お盆正月休み固定というところが多いですよね。なので、予定が比較的立てやすく、プライベートが充実するということが言えます。食品系製造業や接客などでは残念ながらそれは無理です。
    私は化学系の繊維製造会社で仕事をしているので、原油価格など外的要因で業績が上がったり下がったりしやすいです。なので、自分が頑張らなくても原油価格が下がれば自動的に原材料費が下がるので業績が上がるというマジックがあります。もちろん逆もあります(笑)しかし、自分がすご~く頑張ったからといって、業績が伸びるわけではないので、それはジレンマになります。こんなに頑張っているのになんでだよ~みたいな。

    転職に気持ちが向いているのは、職場の雰囲気が悪いとかそういう理由ではないですか?4年も経験があるなら同業種での経験者として転職可能なはずです。その会社が嫌なら別の会社に同業種で転職というのも手ではないでしょうか?仕事自体が嫌になっているのであればまた別ですけどね。
    ご自分の人生なので、悔いのないよう頑張ってください。

  3. sakairi 2018/02/01 18:55

    質問者さんの会社は大きな会社ですか?どんなお仕事をしているのですか?大きな会社ですと仕事が細分化されており一人がへまをしても会社はびくともしません。一人一人にかかる責任が小さく済みます。ですが反面、やりがいがない!という意見もあります。小さい会社になると一人がいろいろな業務を兼任しているので、一人一人の責任が大きくなり、誰かが失敗すると命取りになることもあります。でも、やりがいは大きいです。

    私は繊維メーカーで開発系の仕事をしており、一つの区切りまで仕事を終わらせないと帰れません。(というか、帰りづらい。)基本給はそんなに高くないけれど、残業代や休日出勤などで上乗せされ、まあまあの金額になります。私の場合はかえって休みがほしいくらいです。
    しかし、開発職ということもあって、やりがいはそれなりにありますし、いらないサンプル商品(後廃棄するだけというようなもの)をいただけたり、他社の人と会う機会も多いので万が一の転職の際もコネクションがあります。それはメリットかな。
    どの職でもそうとは限りませんが、私の場合はメリットデメリットはそんな感じです。

ページ上部へ移動する