ブライダル業界営業のやりがい、理想と現実とは?48view

ブライダル業界未経験者ですが、他業種で3年間営業の仕事をしてきました。結婚を控えているカップルに式場を案内し契約をいただく、ブライダル業界の営業に転職したいと思っています。幸せのお手伝いができると、今からワクワクしているのですが、現実は違うのでしょうか。
ブライダル業界の営業として働いて感じるやりがい、営業としての理想と現実のギャップなど体験談を教えていただけると、今後の就職活動に役立つと思います。よろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. zyoubouzi_0p 2018/01/22 17:47

    ブライダル業界というと、女性の憧れの象徴や華やかなイメージを持たれがちですが、実際に働いてみるととても華やかとは言い難い現実に直面する事ばかりです。
    私の働いていたセールスプランナーという職種は、特にきれいごとばかりでは務まらない仕事です。結婚式場の下見に来たカップルを案内し、見積もりや空き日程等を紹介するのが主な業務で、契約後は打ち合わせ担当のプランナーへ引き継ぎます。一見、楽しそうな仕事ですが、実際に行っている事は営業マンと一緒。社内評価も数字が全てなので、みんな契約を一件でも多く取るために毎日必死に接客しています。
    式場の見学に来ているカップルは幸せの絶頂です。大好きな人との結婚が決まり、結婚式でどんな事をしようか、どんな衣装を着ようか、夢いっぱいの彼らにとってセールスプランナーはただの案内役です。しかし、ただ式場を案内しただけでは最終的な判断はカップル側の好みであり、こちらに主導権はありません。二人の好みをよく聞き、それに合わせた式場の良さを伝え、二人だったらこの式場がぴったりだという事を刷り込みます。そして式場を見学し終わった後には「ここがいい!」と思わせる所までテンションを持っていかせるのです。その後の金額や日程の話は現実的な内容なので、どこの式場にもしっかりと作りこまれたマニュアルがあり、覚えれば誰でも契約まで繋げる事ができるようになります。
    なんともあくどい仕事内容の様に感じますが、営業としてはごく一般的な事だと思います。ただ、一番難しいのが結婚式への夢いっぱいで入ってきた新人に、このマインドを植え付けて行く事です。特に新卒で入社する若い社員たちはほぼ全員未婚者であり、自分自身の結婚式への憧れもいっぱい、でも社会の厳しさはまだ知らない純粋無垢な若者です。この仕事をすればする程、罪悪感をかかえ辞めていった人や、数字へのプレッシャーに耐えかねて辞める人を何人も見てきました。華やかな業界だからこそ、その裏側がより際立って酷く思えてしまう上に、激務が重なって、ブライダル業界全体で3年以内に辞職する人は半数を越えると言われています。
    私自身もかつては結婚式への夢いっぱいの若者でした。お客様のためという理想とは反対に、いかに契約させるかという現実的な仕事に、自分の中でなかなか折り合いがつかなかった時期もありました。ただある時、お客様に言われた一言でストンと自分の仕事に納得できた事がありました。私が案内した時には既に10件以上見学した後だったカップルが契約後、「式場探しを終わらせてくれてありがとう」と言った事です。沢山見学し過ぎて何を基準に決めればよいのか迷子になっていました、やっとゴールに着いたと感謝されたのです。
    日本の結婚式場は、たいていどこもきれいに、魅力的に作られていると思います。その中からたった一つを決めなければいけないカップル側も必死なのです。後悔しないように慎重にと思えば思う程、迷ってしまうものです。そんな二人が納得して、自分たちにはここしかないと満足して契約してもらう為にお手伝いできるのであれば、こんなにやりがいのある仕事はないんじゃないかと、この言葉を言われた後から思えるようになりました。
    即決すれば何十万も値下げする、希望の日程はひとつしか残っておらずすぐに埋まるかもしれない等、カップルを追い込み契約させる為の売り文句はいくつもあります。ただ、式場を気に入っていないカップルには何を言っても響きません。すべては式場を気に入ってもらい、満足して契約してもらう事。その為に、二人の背中をポンと一押しする事がセールスプランナーの役割だと思っています。

ページ上部へ移動する