住宅リフォーム会社の営業の良い点と悪い点は?149view

住宅リフォーム会社の営業へ転職します。営業ですので、契約件数により手当がアップする給与体系です。住宅リフォーム会社営業の仕事の良い点と悪い点を知りたいです。教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hasiya_sg 2018/01/22 11:15

    私は住宅リフォーム会社で営業をしていました。リフォームといえば、建物の内装、外装、増改築など、いろんな工事が存在します。既存の顧客があり、顧客周りの営業であれば、当然リピート受注という事になりますが、実際はそうではありません。建築に関連する工事は、受注単価は100万単位と高く、一件の契約から次のリピートとなると数年かかるため、新規の工事契約が9割以上の比率になります。当然、厳しい営業活動をしいられます。

    やり方としては、広告宣伝、飛び込み訪問、電話営業と会社によってさまざます。私自身も、この業界で20年以上の経験がありますので、すべて経験してきました。また、ここ10年くらいで、新しくできた会社が多いのも特徴です。
    その中でも、私が在職した会社は、電話営業主体の会社でした。数多い工事の中でも、塗装工事がメインです。その中で、私が仕事で経験したメリットとデメリットを話します。

    まずメリットとしては、新規営業ですので、初対面の人に気に入って頂き、契約に結びつけるには、たくさんの数をあたらなければなりません。塗装の場合は、外観から建物の塗装の需要がわかりますので、ニーズの建物を探し出し、ポスティングを100件目標で、行います。エリアにもよりますが、初心者で5時間、慣れた人で3時間くらいです。それから、会社に帰ってポスティングした営業先の電話番号を調べます。それから、次の日の準備をしたり、電話番号検索に追われたり。19時から21時まで、電話営業をします。そこで、アポイントを取れた先に訪問して、契約をいただきます。塗装の場合は、工事も早く、利益率も高いので、歩合給が多いです。これしかメリットはありません。調子が良くて、契約が多いときは50万以上の給与も珍しくありません。

    逆にデメリットとしては、毎日夜遅くまで仕事をするため、契約がないと時給で計算すると、500円を下回ります。売り上げがないとノルマはないのですが、追い込みもすごく、やる気を失って辞める社員が、後を絶ちません。それでも、新しく募集して、同じ事の繰り返しです。これが住宅リフォーム会社の現実です。ただ、こういう経験を積むと、普通では経験できない事を経験しますので、次の就職先ではすごく活躍している方が多いのも現実です。私自身も、現在独立して住宅リフォームの会社をしております。今までの経験があったからこそ、順調に経営できているのもまた、現実です。

ページ上部へ移動する