調剤薬局で勤務する薬剤師には経営的な観点が必須なのですか?3view

調剤薬局に勤めて5年目の男性薬剤師です。
もともと患者さんとのふれ合いを求めて薬局就職しました。
自分なりに目標としてきた患者さんに寄り添った薬剤師になれてきていると感じています。

自分の上司の薬局長は独立志向のあるタイプです。男だったら売り上げ、人件費、などを把握して経営的な観点から薬局を捉えることが必要だと公言している人です。
人、物、金の管理にかかわる仕事を自分に振ってきます。正直乗り気ではないので自分の予想では上司の納得のいく結果や成果にはなってはいないと感じています。

薬局に勤務する薬剤師さんに聞いてみたいのですが、患者さんに集中するだけではいけないのでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. eanes 2018/01/17 19:15

    質問者さんの職場の規模がわからないので見当違いかも知れませんが3つの意見を述べさせてもらいます。

    1つめ、個人薬局または小規模の会社の場合、あなたは優秀なので幹部候補生として期待されているはず。
    質問者さんは普段の患者対応が素晴らしいのでしょう。上司としては逸材だからなんとしてでも育てたいという思いと期待が質問者さんに対する対応に表れているのではないでしょうか。
    もしかしたら、質問者の上司が独立したときに一緒に独立しようと考えているのかも知れませんが…。

    2つめ、ある程度大きいチェーン展開薬局の場合、次世代の薬局長候補として期待されているはず。
    患者さんとの対応が誠実な人、言い換えると患者さんを大切に考える薬局長は貴重です。チェーン店だと人手不足のために適性が疑わしい人材であっても薬局長になってしまうことも多々あります。そんな中、患者さんに誠実な質問者さんに薬局管理を学んで欲しいという上司の親心が出ているのではないでしょうか。

    3つめ、質問者さんが薬局長という仕事に全く魅力を感じていない場合。この場合は親切心が質問者さんにとっては大きなお世話になっているはず。
    最近の弊社の新入社員にも薬局長になる気はない(責任ある立場につきたくない)という人もいます。曖昧なまま対応していると根本的な解決にならないので上司にハッキリ「管理者になる意思はない」と伝えておきましょう。常識ある上司であれば質問者さんの気持ちを汲んで今後も接してくださるはずです。
    もし、空気悪くなって居心地が悪くなってしまったらまた質問してください。

  2. paliteiro 2018/01/16 11:41

    私は調剤薬局で管理薬剤師をしている者です。
    質問者さんの上司のように独立志向はありませんが、女性の多い業界ですので管理業務を男性の後輩に教えたくなる気持ちには共感します。
    ちょっと説教くさくなるかも知れませんがお許しください。

    薬局の物と金の管理について少し書きます。
    調剤薬局は医療機関との認識が強いと思いますが、小売業としての側面も持っています。
    6年の勤務経験があればわかると思いますが調剤報酬のおよそ80%は薬剤料です。薬剤料は医薬品のことです。この医薬品は卸から購入し、薬局で一時的に保管して処方せんに応じて払い出しする(小売りする)、患者一部負担金と医療保険から現金を得る。この一連のサイクルを繰り返しています。買いすぎたら破棄になるし、足りないと欠品するのでバランス調整が必要なのは言うまでもありません。

    薬局での人の管理について少し書きます。
    質問者さんの薬局にも何人かのスタッフがいると思います。薬局のスタッフはそれぞれ家庭の用事があるので休みたい、あの人が苦手、業務改善をしたいが提案するタイミングがない…などの小さい悩みを持っています。その悩みを解決してあげることで普段の業務が円滑に進みます。

    どうでしょう、質問者さんが服薬指導している後ろでこれらのようなことを管理者が頭を悩ませているわけです。質問者さんだけがこれらのことから目をそらしていては薬局として上手く機能するのは難しいのではないでしょうか?

    自分の場合は自分の管理の仕事を軽減して空いた時間で患者さん対応に時間をかけたい。後進を育てたい。という気持ちを持って経営的な観点を話したり実際に業務を割り振ったりしています。

    私からの提案ですが質問者さんが管理業務に使える業務時間上司に提示して質問者さんにとってストレスのない範囲で行なわせてもらう。これも勉強だと思って取り組まれてはいかがでしょうか?

  3. iyoku 2018/01/15 16:02

    自分も調剤薬局で働いています。まだ3年の若輩者です。
    質問者さんの話を読んで正直うらやましく思いました。
    自分のところの薬局長はほとんどバックヤードに引きこもっていてよほど患者さんがあふれない限り調剤室には来ません。服薬指導もほとんどしないで自分ともう一人の先輩薬剤師でほとんどの患者対応を行なっています。
    正直なところ質問者さんの上司が薬局の管理、経営にかかわるノウハウを教えてくれていることがうらやましいと思ってしまいました。

    自分はまだお金のことなどの薬局管理業務をやらせてもえていないのですが、それは自分が患者対応や医薬品の知識などがまだ不十分だからだと思って一応納得はしています。

    質問者さんは患者対応に専念したいを思われているのですよね。
    患者さんに集中することは大切です。でも、患者対応する場所の調剤薬局が経済的にどのように成り立っているかを知っていても損はないと思います。研修会で聞いた話ですが、経営的なことを考えて利益を設備投資に回さないと質の高い患者サービスを適用提供し続けるのは難しいそうです。患者対応でも世間話として人、物、金の管理の知識を活用できる機会もあると思いました。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する