学校事務のメリットとデメリットを教えて下さい350view

学校の事務職員は、現在大変人気の職種と聞いたことがあり、転職を希望しています。
実際に働いたことのある方、現職の方から、学校事務のメリットとデメリットの両面をお伺いしたいです。
転職活動の参考にさせて頂きたく、是非よろしくお願いいたします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. 11kobayasi 2018/01/22 17:53

    ご質問にあるとおり、学校事務はとても人気の高い職業のようですが、就職活動をしていた頃の私は知るよしもなく、母校の事務職員を志願しました。
    有難い事に採用され、まず始めに感じた「メリット」。
    それは全体的にギスギスしていない事です。細かく見れば人間関係の色々は勿論ありました。でもそれはどこにでもあること。校風がゆったりしていたせいか、事務職員ものんびりしていました。
    学校事務での次なるメリットは、常に教育機関に携われることです。事務職とはいえ、教授や先生方と関わることは非常に多かったので、専門的な会話をすることができます。
    私の子どもが5歳くらいの時、非常に手がつけられない期間がありました。自己の芽生え、主張が激しくなり、いっちょまえに口答えし、気にくわないと暴れ、隠し事や嘘をつくようになりました。
    色々と調べたりあれこれ考えたりしましたが、一向に改善されません。そんな最中、仕事中に教授に声をかけてもらいました。その方は幼児保育のスペシャリストで、私の話を聞いて「まずお母さんが毎日を楽しみなさい」と言ってくださいました。
    結局、私自身笑顔の毎日を送れていなかったのです。

    次に思い付くメリットとしては、有休の多さです。
    基本的に、土日祝日は休み、それプラス20日の有休・夏期休暇7日・夏期一斉休暇8日・冬期一斉休暇10日です。看護休暇も取得できます。他の企業より確実に休暇数があると思います。また、休暇も取得しやすかったので、平日に友達とランチをすることもできました。

    とはいえ、簡単で楽な仕事ではありません。
    要人の対応をしたり、法律に則った書類を作成したり、一歩間違えば大惨事に繋がることもあります。
    学校は、学生たちの人生がかかっている場でもありますから、何度もチェックしてミスのないように進めなくてはいけません。
    それでも、やりがいは充分にありますので、あまりデメリットがないように思いますが、
    強いて言えば、部署が変わると仕事がガラッと変わることでしょうか。
    各部署、専門的な業務をしていますので、異動は転職と変わらないくらいだと思います。一から仕事を覚える必要があります。
    また、部署によって出勤態勢が違うので、土日に出勤したりフレックスだったり、前年度と違うリズムになります。これが、自分で選んだ転職先なら良いのですが、異動は自分の意志に反する時もありますので、ライフスタイルを変えざるをえない場合があります。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する