食品製造業作業員の仕事、気をつけていることは?0view

食品会社で食品を加工・製造する業務に就いた場合、どんな点を気をつけるべきでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hitohane 2018/01/19 17:14

    私の勤めている会社は、米飯・寿司加工品を製造し、スーパーやデパート等へ納める仕事をしております。
    私の仕事内容は、製造全般に関わる仕事です。
    人の手と半自動の機械を使用し、作業を行っております。特にも気をつけていることが衛生管理についてです。毎年のようにニュースで食中毒などの食品事故が取り上げられますが、その度にこの食品業界全体へのお客様からの目が厳しいものになっている印象を受けます。
    特にこの10年程で、社会情勢や景気、様々な震災等の影響で会社の状況も大きく変わりました。
    商品を納めているスーパーやデパートでの食品に対する基準がより厳しいものになり、全国でもトップクラスの企業にも負けないようなレベルのものを求められるようになってきました。
    そのため、まずは衛生管理についての知識を身につけなければならないということで、商工会やスーパー等が主催する衛生管理についての講習会等に参加することが、仕事を継続するための条件の一つになりました。
    年に数回行われるこの講習会に参加しているため、衛生管理の知識も身につき、工場も少しずつ対応できるようになってきました。

    私の勤めている会社での主な衛生管理法を説明したいと思います。
    ①身体を衛生的に保つように心がける。(お風呂に入る、爪を切るなど)
    ②体調管理を徹底する。(怪我や体調不良等について自己で把握しておく。)
    ③出勤時の体調チェック。
    ④工場入室時のチェック。(手洗いの実施確認、正しい服装の確認等)
    ⑤各現場での基本的な衛生管理(殺菌・除菌作業、食品の徹底した管理等)
    ⑥防虫防鼠(外部からの虫やネズミ等の侵入を防止する。)
    ⑦商品の品質管理(温度管理、金属探知機等を使った異物確認等)
    ※その他、商品は菌検査や日持ち検査をして、安全に提供できることを検査機関から保証済みになっております。
    ⑧お客様からのクレーム等の対応

    細かく書けば、書ききれないほどになりますが、簡単にまとめれば上記のようなことを製造作業の他に行っております。
    特に気を付けていることが、食中毒についてです。私の勤めるこの会社は、業界の中では小さいほうになるため、一度でも食中毒等の大きな事故が起これば、仕事を切られてしまう可能性が非常に高くなります。
    食品を扱うことで怖いのは、原材料から商品として提供されるまで、多くの人の手にかかっていることです。食中毒を引き起こす原因は、人や動物を介して食中毒の原因菌が現在料や食品に付着して、お客様が口にされることです。そのため、私の会社では、原因菌を侵入させない、原因菌を除去、殺菌するということに力を入れております。
    美味しい食品を作ることはもちろん、どなたが食べても安全で安心して頂ける商品を提供できることを心掛け、お客様が何よりも信頼できる商品作りを目指しております。
    今後もこの会社で、貢献していけるように努力していきたいと思っております。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する