廃棄物処理とリサイクルの事業を興そうと考えています124view

廃棄物の収集運搬を主体にした運送業に携わっています。入社して7年です。
実は、我が社の社長は私の父親で、私は近い将来この会社を背負って立って行く身です。他社での経験も含め13年ほどこの業界に携わって来ておりますが、これからの我が社の将来を考えた場合、事業の多角化を図らなければ生き残っていけないのではないかと言う危機感を持っております。そんな中で色々と思案した結果、本業である廃棄物収集運搬のネットワークやノウハウを活かせるのは、廃棄物の処理、リサイクル業界でないかという結論に至っております。

付き合いのある廃棄物処理業者さんに、事業としての実態などを教えてもらったりして、事業全般のイメージは出来上がっておりますが、客観的な意見をいただきたく質問させていただきます。
今の段階での事業構想は次のようなものです。

まずは、一般廃棄物ではない廃プラスティック、家屋解体などから出る廃木材を対象に、産業廃棄物破砕業の業許可を管轄自治体に申請する。付き合いの処理業者さんからの情報だと行政書士に依頼して2~3ヶ月程度で許可が下りると聞いています。
廃棄物の回収は、これまで培った業界ネットワークを活用して月間に600トンくらいの回収を見込んでおります。将来的な増量も見込んで750トン/月程度の処理能力の破砕処理施設の導入も並行して進めていきます。
破砕後の処理物は、リサイクル品として販売していくわけですが、用途は燃料です。実は既に製品化に成功しており、RDF発電所にて試用してもらっております。我々は、このペレットに別の原料を配合し、さらに燃焼作用を高めようというのがセールスポイントです。
これまでの収集運搬業とは別に廃棄物処理とリサイクル品販売での収益を見込んでいます。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. marui 2018/01/16 19:57

    産業廃棄物処理業者に勤めている者です。
    まず必要な手続きですが、あなたが挙げているように産廃処分業の許可申請を行う必要があります。
    まずは、管轄自治体の環境部の廃棄物の部署(廃棄物対策課)に、事業内容を説明、相談をしに行ったほうが良いと思います。と言いますのも、始めようとしている事業のその敷地エリアによっては、地元住民が敏感だったり、そもそも環境規制が厳しいエリアだったり、またその事業の規模によっては騒音レベルが高かったりすると、環境アセスメントを求められる可能性があるからです。こうなりますと、かなりの時間と投資が必要になり、事業の基本から再検討する必要が出てくるからです。

    こう書きますと、かなり大変に思えるかもしれませんが、これは事業経営面での最悪のパターンを想定しての話です。
    環境アセスメント等が不要であれば、話を進めていき、処理施設の詳細を本格的に進めて投資額を算出し、採算性をじっくり検討してから本格的に行政手続きを進めては如何でしょうか?
    質問を拝見して個人的に気になっているのは、廃棄物の回収、集荷見込みとリサイクル品需要の実態です。
    当たり前ですが、廃棄物の処分業者は、廃棄物がないと売上がありません。また、リサイクル品が技術的に利用可能と確認されても、それが必ずしも思うような需要があるとは限りません。
    一般的に廃プラや木材の破砕処理の許認可は、大きな手続きにはならないと言われています。重要なのは、経営者として、事業の柱となる廃棄物の安定した回収とリサイクル品として本当に順調に販売できるのかを見通す、先見性スキルだと思います。
    従業員の端くれが身勝手なことを言ってすみません。

  2. tabeta_rm 2018/01/11 16:43

    廃棄物の処理業者で働いていたことがあります。その会社では廃棄物収集運搬業の許可も持っていて、わずかですが廃棄物の運搬もやっていました。しかし、廃棄物の処理から始まった会社だったと思います。
    確かに、廃棄物だけでなく運送業界はますます厳しくなっているようですね。そんな中、事業の多角化を図りたいという発想、勇気はすごいなあと思いますね。
    私がその会社にもし居るなら、従業員としてのモチベーションも上がるし、会社のために頑張ろうという気持ちが強まると思います。
    そして、発電用燃料の話は私も聞いたことがあります。私が居た処理業者では、廃プラスティックは細かく砕いてそのまま埋め立てていました。それが発電に利用されるのはすごいことですし、実際にそのような発電所は日本のあちこちにあるのではないでしょうから、将来性はあるのではないでしょうか?
    私は頑張って欲しいですね。

ページ上部へ移動する